八尾市立病院

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Japanese Map symbol (Hospital) w.svg 八尾市立病院
Yao municipal hospital01.JPG
情報
英語名称 Yao Municipal Hospital
前身 日本医療団八尾病院
市立八尾市民病院
標榜診療科 内科、循環器科、神経内科、外科、整形外科、脳神経外科、産婦人科、小児科、眼科、耳鼻咽喉科、形成外科、皮膚科、泌尿器科、放射線科、リハビリテーション科、麻酔科、歯科口腔外科、病理診断科
許可病床数

380床


一般病床:380床
機能評価 一般200床以上500床未満:Ver6.0
開設者 八尾市
管理者 星田四朗(院長)
地方公営企業法 全部適用
開設年月日 1946年5月
所在地
581-0069
大阪府八尾市龍華町1丁目3番1号
位置 北緯34度37分14.7秒
東経135度35分13.5秒
二次医療圏 中河内
PJ 医療機関
テンプレートを表示

八尾市立病院(やおしりつびょういん)は大阪府八尾市にある医療機関

概要・特徴[編集]

1950年八尾市南太子堂に市立八尾市民病院として開院。以後、地域の中核病院として機能し、1953年八尾市立病院に改称。度重なる増築と建物の老朽化のため2004年5月同市龍華町に新築移転。2009年4月1日に地方公営企業法全部適用となり、病院事業管理者、総長を設置。

地域医療機関との機能分担をし、電子カルテシステムを導入している。 紙カルテからいきなり電子カルテを導入したり、全国の病院で初めてPFI方式での管理・運営方式を導入するなど画期的な試みを行っている病院である。

地域周産期母子医療センターの指定を受ける。

基本方針[編集]

1. 患者さんへのサービスに徹し、市民に信頼され親しまれる病院
2. 地域の中核病院としての急性期医療・救急医療の充実
3. 医療水準・医療ニーズの変化に対応し得る病院
4. 地域の医療機関との機能分担・連携強化による圏域内での医療の確立
5. 高齢社会に対応した保健・医療・福祉サービス支援体制の推進
6. 健全経営の確保

診療科(院内標榜科)[編集]

救急診療[編集]

24時間365日
火曜日
受付:午後5時~翌8時30分
土曜日
受付:午前9時~翌8時30分

病床数[編集]

  • 380床
特別室(7床)、個室(82床)、4床室(264床)、ICU(5床)、NICU(3床)、HCU(14床)、未熟児室(3床)、無菌病室(2床)

交通アクセス[編集]

病院玄関には近鉄バスが乗り入れる
アリオ八尾-八尾駅筋-八尾市役所前-光南町-JR八尾駅前-八尾市立病院前-JR久宝寺駅
八尾南駅前-大正北小前-六反東住宅前-南太子堂五-八尾市立病院前-JR久宝寺駅〕

外部リンク[編集]