全商国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
全 商国
誕生 (1940-03-24) 1940年3月24日(78歳)[1][2][3]
大日本帝国の旗 朝鮮(日本統治時代)江原道洪川[1]
職業 小説家、大学教授[1]
言語 韓国語
活動期間 1963年[1] -
ジャンル 小説
デビュー作동행[1](同行)」
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示
全 商国
各種表記
ハングル 전상국
漢字 全商國[2]
発音: チョン・サングク
テンプレートを表示

全 商国(チョン・サングク、1940年3月24日 - )は、韓国小説家。大学教授。本貫旌善全氏。全の作品の多くは朝鮮戦争をその主題としている。全は朝鮮戦争を小説化することでその戦争を過去の悲劇としてではなく、現在に残る傷であることを訴える。

略歴[編集]

全は1940年3月24日、江原道洪川郡に生まれる。1950年に勃発した朝鮮戦争は少年期の全の人格形成に大きな影響を与えた。春川高等学校を経て、1960年に上京、慶熙大学校国文科に入学する。慶熙大で黄順元の授業を聴講し文学修養に励む。その結果1963年、大学在学中、『朝鮮日報』新春文芸に「同行」が当選し、文壇に登場する。大学を卒業後も1942年に「光芒」を『現代文学』に発表している。その後帰郷し、地元の高校教師を務めた。1972年趙炳華の勧めで再び上京し慶熙高等学校に勤めることになる。高校教師を務めながら慶熙大学校大学院に通い修士課程を終える。1985年、同大学の助教授として採用され、2001年には教授に昇格した。また、金裕貞文学村の村長(理事長)として運営に関わっている。

文学活動においては「光芒」の発表から10年間執筆活動がなく、本格的な著作活動は1974年に発表した「前夜」からである。「소인의 나들이 (小人の外出)」 「바람난 마을 (風の吹く村)」「 (脈)」「안개의 눈 (霧の目)」「하늘 아래 그 자리 (空の下、その場所)」「겨울의 출구 (冬の出口)」「아베의 가족 (アベの家族)」「우리들의 날개 (我等の翼)」などは全の全半期の作品群である。全の作品に頻繁に顕れる主題は朝鮮戦争である。全にとって朝鮮戦争は過去の悲劇ではなく現在に残る傷跡であった。また全は学校教育問題も主要な主題として取り上げている。1980年代に発表された「우상의 눈물 (偶像の涙)」「달평씨의 두번째 죽음 (タルピョン氏の二度目の死)」「불타는 산 (燃える山)」「 (道)」等がそれにあたる。

年譜[編集]

代表作品[編集]

  • 1963年、「동행
  • 1975年、「할아버지 묻힌 날
  • 1975年、「돼지새끼들의 울음
  • 1976年、「악동시절
  • 1976年、「껍데기 벗기
  • 1976年、「사형
  • 1978年、「고려장
  • 1978年、「하늘 아래 그 자리
  • 1978年、「沈默의 눈」(沈黙の目 訳 長璋吉 1988)
  • 1979年、「우리들의 날개
  • 1979年、「아베의 가족
  • 1979年、「외등
  • 1980年、「우상의 눈물
  • 1980年、「여름의 껍질
  • 1981年、「외딴 길
  • 1982年、「술래 눈뜨다
  • 1985年、「그늘무늬
  • 1986年、「음지의 눈
  • 1986年、「먹이그물
  • 1987年、「썩지 아니할 씨」(朽ちない種子 訳 姜尚求 1992)
  • 1987年、「지빠귀 둥지 속의 뻐꾸기
  • 1988年、「투석
  • 1989年、「사이코 시대
  • 1992年、「거울의 알리바이

日本語で読める作品[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e 인물정보(人物情報) NAVER(韓国語) 2011年9月21日閲覧。
  2. ^ a b 전상국 (チョン・サングク) chosun.com 포커스 인물 (フォーカス 人物)(韓国語) 2011年9月21日閲覧。
  3. ^ 인물 지식(人物知識) Daum(韓国語) 2011年9月21日閲覧。