入江好之

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

入江 好之(いりえ よしゆき、本名:入江 好行1907年(明治40年) - 1989年(平成元年))は、日本詩人児童文学作家教育者経営者北海道小樽市生まれ。1928年(昭和3年)旭川師範学校(現・北海道教育大学旭川校)卒業。

在学中に詩誌「北斗星」を創刊。旧制中学校教諭をしながら、作詩活動を続け、詩誌「青光」を創刊。1936年(昭和11年)に第一詩集「あしかび」を刊行。その後官憲の弾圧を受け、教職を辞職し、1943年(昭和18年)に満州国に渡る。満州国日本人中学校の教員をしていたが、終戦。シベリア抑留を経て、1949年(昭和24年)に帰国。

1956年(昭和31年)北海道詩人協会の設立に参画し、同協会事務局長に就任(~1976年(昭和51年))。1962年、勤務していた北海道教育評論社・楡書房を退職し、北書房を設立。北書房は多くの北海道作家の文学作品を出版し、第二次北海道出版ブームの先駆けとなるとともに、北海道文学の振興発展に寄与した[1]。同年、士別市立士別南中学校校歌の作詞を手掛けた。事務局長退任後は、出版社・北書房を経営し、北海道在住の詩人などの詩集刊行や後進の育成などを手掛けた。

この他、北海道文化団体協議会事務局長,北海道生活文化協会理事,日本児童文学者協会会員なども務めた。

詩集[編集]

  • 『季​信​ ​:​ ​詩​と​隨​筆』
  • 『​​凍​る​季​節​ ​:​ 入​江​好​之詩​集』(​​北​書​房、1968年)
  • 鈴木政輝著入江監修『​​人​間​啄​木』(北​書​房、1968年復刻版(北書房版))
  • 『​​ひ​と​つ​の​歴​史​ ​:​ 入​江​好​之詩​集』(​​北​書​房、1976年)
  • 『​​花​と​鳥​と​少​年​ ​:​ ​少​年​詩​集』(​北​書​房、1976年)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 出村文理 (2010年9月4日). “「北海道の出版文化史~昭和時代を中心にして~」北の資料128講演会・資料で語る北海道の歴史第6回講演録 (PDF)” (日本語). 江別市: 北海道立図書館. p. 13. 2017年6月9日閲覧。

参考文献[編集]