元油津駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
元油津駅
もとあぶらつ
Motoaburatsu
油津 (1.0km)
所在地 宮崎県日南市平野
所属事業者 日本国有鉄道
所属路線 志布志線(貨物支線)
キロ程 1.0km(油津起点)
開業年月日 1941年(昭和16年)10月28日
廃止年月日 1960年(昭和35年)7月25日
備考 貨物駅
テンプレートを表示

元油津駅(もとあぶらつえき)は、宮崎県日南市平野にあった日本国有鉄道(国鉄)志布志線(貨物支線。現:日南線)の貨物駅廃駅)である。

歴史[編集]

当駅は、宮崎県営鉄道が飫肥線の終着駅(起点)として設置した(初代)油津駅(所属路線は、特殊狭軌線である油津線)と同所にあった。1941年(昭和16年)の改軌の際に旧線を新線扱いで貨物支線とし、(初代)油津駅の跡地に設置されたのが当駅である。

  • 1913年(大正2年)8月18日:宮崎県営鉄道が(初代)油津駅として設置[1]。一般駅。
  • 1935年(昭和10年)7月1日:宮崎県営鉄道飫肥線が国有化され、油津線となる[1]
  • 1937年(昭和12年)
  • 1941年(昭和16年)10月28日:油津駅(2代) - 当駅間改軌完成により、油津線の元油津駅は廃止。同時に志布志線(貨物支線)の元油津駅(2代。貨物駅)として再開業[1]
  • 1960年(昭和35年)7月25日:貨物支線廃止により廃駅となる[1]

隣の駅[編集]

日本国有鉄道
志布志線(貨物支線)
油津駅 - (貨)元油津駅

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e 石野哲 編「停車場変遷大事典 国鉄・JR編」JTB 1998年刊 ISBN 4-533-02980-9

関連項目[編集]