木花駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
木花駅
駅舎(2008年7月19日)
駅舎(2008年7月19日)
きばな
Kibana
南方 (3.3km)
(1.5km) 運動公園
所在地 宮崎県宮崎市大字熊野[1]
所属事業者 九州旅客鉄道(JR九州)
所属路線 日南線
キロ程 7.5km(南宮崎起点)
電報略号 ハナ
駅構造 地上駅
ホーム 1面2線[1]
乗車人員
-統計年度-
325人/日(降車客含まず)
-2012年-
開業年月日 1963年昭和38年)5月8日[1]*
備考 無人駅(自動券売機 有)
* 宮崎軽便鉄道(後の宮崎交通)が1913年に開業したものが前身[1]1962年宮崎交通線の駅としては廃止。
テンプレートを表示

木花駅(きばなえき)は、宮崎県宮崎市大字熊野にある、九州旅客鉄道(JR九州)日南線である[1]

駅構造[編集]

西口とホームおよび駅舎(東口)をつなぐ踏切(2015年撮影)

島式ホーム1面2線を有する地上駅[1]。駅東口に小ぶりで可愛らしい駅舎が残るが、現在は無人駅である[1]。駅舎は木造で、宿直室や窓口、転轍テコ跡等が残る。ベンチも木製である。駐輪場は駅東口・西口それぞれの駅前ロータリーにある。簡易型自動券売機は東口の駅舎内に設置されていたが、西口の整備に伴ってホーム上へ移動した。

西口前ロータリーは宮崎都市圏公共交通利用促進事業として整備され、2014年3月末に完成。同年4月1日より木花巡回バス(愛称:このはなバス)のバス停が新設され[2]、同年7月には宮崎交通のバス停も設置された。

西口前ロータリー完成以前の2013年5月11日 - 6月14日には、社会実験として当駅から宮崎大学大学病院までのフィーダーバスが運行されていた[3]

さらにその後、駅舎側の東口にも交通広場(駅前ロータリー)整備が行われ、2015年末から2016年春にかけて整備が完了した[4][5][6]。また駅舎北側には木造のトイレが新設され、それまで使われていた駅舎南側のトイレは閉鎖された。

利用状況[編集]

  • 2012年度の1日平均乗車人員は325人である。
乗車人員推移
年度 1日平均人数
1999 303
2000 307
2001 289
2002 295
2003 323
2004 348
2005 333
2006 339
2007 326
2008 322
2009 281
2010 303
2011 295
2012 325

駅周辺[編集]

東側[編集]

西側[編集]

西口前ロータリー(2015年2月撮影)

歴史[編集]

隣の駅[編集]

九州旅客鉄道
日南線
快速「日南マリーン号」
田吉駅 - 木花駅 - 運動公園駅
普通
南方駅 - 木花駅 - 運動公園駅

参考文献[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h 『週刊 JR全駅・全車両基地』44号 宮崎駅・都城駅・志布志駅ほか80駅、朝日新聞出版〈週刊朝日百科〉、2013年6月23日、25頁。
  2. ^ a b このはなバスお知らせ(PDF) - 木花巡回バス運行委員会
  3. ^ 木花駅〜宮崎大学・大学病院フィーダーバス社会実験を行います。 - 宮崎都市圏総合交通戦略推進協議会
  4. ^ a b 具体的施策 (PDF) - 宮崎県ホームページ 都市計画
  5. ^ a b c サンマリン球場最寄りのJR木花駅東口に駅前広場 - ひなた・で・ほっと Hinata De Hot
  6. ^ a b 鉄道のいろいろ-JR日南線-全駅をたずねて-木花駅編 - Yahoo!ブログ

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  • 木花駅(駅情報) - 九州旅客鉄道