元善

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

元 善(げん ぜん、541年頃 - 600年頃)は、南朝梁からにかけての儒学者。またの名は善住。本貫河南郡洛陽県。

経歴[編集]

元稚舒の子として生まれた。幼いときに父に従って梁に入った。学問を好み、五経に通じて、とくに『春秋左氏伝』に明るかった。侯景の乱のとき、西魏に帰順した。北周武帝の礼遇を受け、太子宮尹となり、江陽県公の爵位を受けた。太子宇文贇に経書を講義した。

581年開皇元年)、隋が建国されると、内史侍郎に任じられた。588年(開皇8年)、南朝陳の使者の袁雅が来朝すると、元善は文帝の命を受けて応接にあたった。後に国子祭酒に転じた。釈奠にあたって、『孝経』の講義を命じられた。学者としては何妥の下風に立ったが、解説が明朗で分かりやすかったため、多くの弟子を持った。何妥は元善の講義内容を批判し、元善はその批判の多くに答えることができず、何妥を憎んだ。

元善は高熲を宰相の才器として高く評価した。高熲が罪に落とされると、元善は憂懼のあまり病にかかり、まもなく死去した。享年は60。

伝記資料[編集]

  • 隋書』巻75 列伝第40
  • 北史』巻16 列伝第4