倉敷市交通局

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

倉敷市交通局(くらしきしこうつうきょく)は岡山県倉敷市鉄道事業(現水島臨海鉄道)とバス事業を運営していた倉敷市の地方公営企業である。路線バスは主に同市内の倉敷地域水島地域を営業エリアとしていた。

沿革[編集]

鉄道事業[編集]

現在の水島臨海鉄道水島本線にあたる倉敷市駅 - 水島港駅間、水島駅 - 川鉄前駅間、西埠頭線にあたる水島港駅 - 西埠頭駅間、港東線にあたる水島駅 - 日鉱前駅間を運営していた。なお、倉敷市営当時は倉敷市駅 - 水島港駅 - 西埠頭駅間が本線であった。詳細は各路線記事を参照されたい。

路線バス[編集]

1968年当時のバス路線

  • 水島線
倉敷駅前 - 中島口 - 小溝 - 江長十字路 - 水島駅前・ガス会社前・水島港・三菱東門・連島町・三菱石油前・日本鉱業前・広江団地・川鉄南門・フェリー前・西埠頭・関東電化
  • 浅原線
倉敷駅前 - 幸町 - 立石 - 浅原大教会前
  • 三田線
倉敷駅前 - 幸町 - 立石 - 三田
  • 中庄線
倉敷駅前 - 幸町 - 黒崎 - 鳥羽 - 徳芳中 - 東栗坂
  • 藤戸線
倉敷駅前 - 中央病院 - 有城 - 粒江 - 藤戸口
市役所前 - 中島口 - 小溝 - 江長十字路 - 西岡崎・ガス会社前・三菱東門・三菱石油前・関東電化
  • 市役所出張所(現水島支所前) - 日鉱前
  • 水島駅前 - 広江団地
  • 日鉱前 - 広江団地
  • 市役所出張所 - 関東電化

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 『〔倉敷市交通局〕局史』 竹下昌三編、出版・発行 倉敷市交通局 1969年9月

外部リンク[編集]