保坂正紀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

保坂 正紀ほさか まさき1958年1月17日 - )はテレビ朝日の元アナウンサー。1980年代に『ワールドプロレスリング』の実況を担当していたことで知られる。

来歴・人物[ソースを編集]

山梨県甲府市出身。山梨県立甲府第一高等学校法政大学社会学部を卒業し、1980年にテレビ朝日入社。同期には松苗慎一郎がいる。

ニュースからスポーツバラエティー番組で活躍し、1999年にアナウンス部から広報局に異動となりアナウンス職から離れた(広報局には同じくアナウンス部から異動となった川北桃子がいる)。2010年現在は報道局ニュース情報センターに在籍し、部長待遇で芸能文化デスクを務めている[1]

『ワールドプロレスリング』では、初代タイガーマスクの試合実況を数多く担当。リング上で展開される技に合わせて、タメを作るアナウンスメントを行っていたが、古舘伊知郎の「間」を空けずに実況し続ける個性的な実況に対し、保坂は「試合をジックリ見て欲しい」との考えから、タメを作っていた。古舘が番組を卒業し、番組が『ギブUPまで待てない!!ワールドプロレスリング』にリニューアルした後の1987年4月から1年間はメイン実況を務めた。

2006年には所属は広報部のまま、古巣とも言える『ワールドプロレスリング』のオープニング・エンディングの提供ナレーションを担当した。

過去の担当番組[ソースを編集]

関連項目[ソースを編集]

脚注[ソースを編集]

  1. ^ ベースボール・マガジン社『初代タイガーマスク30Years 上巻』より。