佐藤雀仙人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

佐藤 雀仙人(さとう じゃくせんじん、1909年3月21日 - 1997年7月14日)は、福島県出身の日本の俳人。本名は二郎。戦前の俳号は室町秋香。

略歴[編集]

1909年、福島県伊達郡小綱木村(現在の川俣町)に生まれる。尋常小学校卒業後、千葉県野田市の野田醤油株式会社(現在のキッコーマン)に就職。しかし劣悪な労働環境から野田醤油労働争議が起き、雀仙人もこれに加担し解雇される。のち日立製作所亀有工場に再就職。俳句は野田醤油時代に始め、室町秋香という俳号で渡辺志豊の結社「南柯」同人となる。戦後は新俳句人連盟に参加、同中央委員に選ばれる[1]。また自ら回覧誌『野菊』を作り、1947年には『俳句文学』を創刊するも脱退、結社「雑草」を主宰する。当時の『雑草』には栗林一石路石橋辰之助中島斌雄らが寄稿している[2]。1964年、処女句集『鉄骨と雀』上梓(序文は橋本夢道)、月刊『俳句人』6月号にて赤城さかえに「把握のたしかさ、措辞のたしかさ、叙情のみずみずしさなどからして、習作期の作品として簡単に見過すことができぬ」と評される[3]。1969年、「野田俳諧史」で全国俳誌協会評論賞受賞。1980年、永年の功績により野田市文化功労賞受賞。晩年は千葉県俳句作家協会の顧問となった。1997年、88歳で死去。戦前から小林一茶研究をライフワークとし、『下総と一茶』を出版している。

著作[編集]

  • 『鉄骨と雀』(長谷川書房 ・1964年)
  • 『下総と一茶』(崙書房 ・1997年)
  • 『佐藤雀仙人句集』(私家版・1997年)

参考文献[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「新俳句人連盟一九五五年度役員一覧」『俳句人』1955年11月号、24頁。
  2. ^ 『俳句の底力 下総俳壇に見る俳句の実相』、227頁
  3. ^ 『俳句人』1964年6月号、7-11頁

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  • [1]「句歌で巡る野田21 佐藤雀仙人」(野田市)