佐藤溪

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

佐藤 溪(さとう けい、1918年大正7年)3月31日 - 1960年昭和35年)12月30日)は、日本の画家詩人。本名は忠義。溪山人、忠石、教祖とも号する[1]

概要[編集]

日本全国を旅し、昭和30年代の風景や人物を絵画に残した。水彩フェルトペン鉛筆等による多彩な画風が特徴である[2][3]

佐藤の作品の多くは、1991年7月に大分県大分郡湯布院町(現大分県由布市湯布院町)に開館した由布院美術館で展示されていた[4]が、2012年3月に同館が閉館することに伴い、2013年1月からは大分県別府市にある国の登録有形文化財聴潮閣内に開設された佐藤溪美術館で展示されている[5]

略歴[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]