佐藤克英

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

佐藤 克英(さとう かつひで)は、日本国土交通技官八代市副市長や、国土交通省水資源部長等を経て、国土交通省東北地方整備局長。

人物・経歴[編集]

北海道札幌市出身[1]。1985年北海道大学工学部土木工学科卒業、建設省入省[1][2]四国地方建設局企画課長、通商産業省製造産業局非鉄金属課長補佐建設省大臣官房技術調査室課長補佐[3]国土交通省河川局防災課災害対策室企画専門官等を経て[4]、2005年北陸地方整備局河川調査官。2006年から八代市助役や、八代市副市長を務め[3]荒瀬ダム撤去対策検討会議委員にも就任した[5]。2009年ダム水源地環境整備センター研究第一部長[6]

東北地方整備局北上川下流河川事務所長等を経て[7]、2014年内閣官房副長官補内閣参事官[2][8]。2016年九州地方整備局河川部長[2]。2017年国土交通省水管理・国土保全局防災課長[9]。2018年国土交通省水管理・国土保全局水資源部長兼内閣官房副長官補内閣審議官、内閣官房水循環政策本部事務局長[1][10]。2019年7月9日から東北地方整備局長を務め[11]東日本大震災からの復興などにあたった[1][2][12]。2020年7月21日大臣官房付・即日辞職[13]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 東北整備局・佐藤克英局長に聞く/復興の完遂に全力/震災伝承に意欲 日建建設工業新聞 [2019年8月1日6面]
  2. ^ a b c d 「東北地方整備局長に佐藤氏」 日本経済新聞2019/7/8 15:45
  3. ^ a b 太 陽光発電風力発電 などの自然エネ ... - 八代市
  4. ^ 建設分野における情報化の現況 - Jacic
  5. ^ 「荒瀬ダム撤去対策検討会議」委員名簿 八代市
  6. ^ 21年4月 目次 .indd - 全国防災協会
  7. ^ 活動情報 土木学会東北支部
  8. ^ 「人事、内閣官房」 日本経済新聞2014/4/1 21:24)
  9. ^ 「人事、国土交通省」 日本経済新聞2017/7/6 20:29)
  10. ^ 「人事、国土交通省」 日本経済新聞2018/7/30 20:45
  11. ^ "国交省人事異動(第65号)令和元年7月9日付" (PDF). 国土交通省. 2020年9月17日閲覧 不明な引数|1=が空白で指定されています。 (説明)
  12. ^ 「東北整備局・佐藤克英局長が就任会見/復興後も必要な予算確保を/震災伝承などに注力」 建設新聞2019.08.01
  13. ^ "国交省人事異動(第79号)令和2年7月21日付" (PDF). 国土交通省. 2020年9月17日閲覧 不明な引数|1=が空白で指定されています。 (説明)
先代:
黒川純一良
国土交通省水資源部長
2018年 - 2019年
次代:
溝口宏樹
先代:
高田昌行
国土交通省東北地方整備局長
2019年 - 2020年
次代:
梅野修一