佐藤仙務

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
さとう ひさむ
佐藤 仙務
生誕 (1991-06-28) 1991年6月28日(27歳)[1]
日本の旗 日本 愛知県東海市[2]
出身校 愛知県立港養護学校商業科
職業

実業家 タレント 教員

作家

佐藤 仙務(さとう ひさむ、1991年6月28日[1] - )は、日本実業家・重度の身体障害者椙山女学園大学の非常勤講師[2]

自らを「寝たきり社長」と名乗る。株式会社仙拓の創業者で代表取締役社長

講演・イベント出演をはじめ、タレント活動としては芸能事務所「セントラルジャパン」とマネジメント契約を行っている。

経歴[編集]

1992年に脊髄性筋萎縮症の診断を受ける[1]。2010年、愛知県立港養護学校商業科を卒業[2]。当時、障害者の就職が困難であることに挫折を感じたという[1]。ほぼ寝たきりという生活を送りながら、2011年に19歳でホームページや名刺の作成を請け負う合同会社「仙拓」(2013年に株式会社に改組)を、同じく重度の障害を持つ幼馴染とともに立ち上げた[3]。「働く場所がないのであれば、自分たちで会社を作ろう」という理由で起業したという[3]。株式会社仙拓では代表取締役社長である。

パソコンを介して、両手によるマウス操作と会話や表情により業務をおこなっている(2018年現在は、左手の親指がわずかに動くだけ、ほかには口だけが動く状態である)。障害区分は6(認定の最重度)[1]

経営する「仙拓」は、一般社団法人日本経営士会のビジネス・イノベーション・アワード2013において「会長特別賞」を受賞した[4]

2013年にネットで知り合った筋ジストロフィーの重度障害者を、2014年より「社員」として「仙拓」で雇用している[5]。雇用者の数は2018年現在は8人となっている。

2015年 SBI大学院大学に特待生制度で入学(経営管理研究科 アントレプレナー専攻)[2]

2016年11月、地元である東海市から「ふるさと大使」の委嘱を受けた[1][6]。 2019年現在は、椙山女学園大学の講師も務める。

著書・関連本[編集]

  • 『働く、ということ ―十九歳で社長になった重度障がい者の物語―』彩図社、2012年(ISBN 978-4-88392-893-4
  • 『寝たきりだけど社長やってます ―十九歳で社長になった重度障がい者の物語―』彩図社、2014年(ISBN 978-4801300033
  • 『2人の障がい者社長が語る絶望への処方箋』左右社、2017年(ISBN-13: 978-4865281835)
  • 『寝たきり社長 佐藤仙務の挑戦』致知出版社、2018年(ISBN 978-4800911766)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f ふるさと大使(佐藤仙務) - 東海市役所
  2. ^ a b c d 佐藤仙務の自己紹介”. 寝たきり社長・佐藤仙務オフィシャルサイト. 2019年3月17日閲覧。
  3. ^ a b 19歳で起業、重度障がい者の社長が問う「働く意味」- オルタナ2013年1月31日
  4. ^ 第4回 ビジネス・イノベーション・アワード2013 表彰式 - 一般社団法人日本経営士会
  5. ^ 朝日新聞 (2014年3月31日). “社長も社員も難病で寝たきり ネット使い親指で働く”. 朝日新聞. 2014年3月31日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2017年2月12日閲覧。
  6. ^ “ふるさと大使 佐藤さん、重度障害抱え福祉で活躍 東海市委嘱へ”. 毎日新聞. (2016年10月25日). http://mainichi.jp/articles/20161025/ddl/k23/040/179000c 2017年2月12日閲覧。 

外部リンク[編集]