佐田樹理

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
佐田 樹理
Juri Sada
Volleyball (indoor) pictogram.svg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1982-06-18) 1982年6月18日(39歳)
出身地 福岡県三井郡大刀洗町
ラテン文字 Juri Sada
身長 174cm
体重 56kg
血液型 O型
選手情報
愛称 リサ
ポジション WS, L
指高 217cm
利き手
スパイク 296cm
ブロック 280cm
テンプレートを表示

佐田 樹理(さだ じゅり、現姓:宮下、女性、1982年6月18日 - )は、日本の元バレーボール選手。福岡県三井郡大刀洗町出身。ニックネームはリサ

来歴[編集]

大林素子にあこがれて、小学校3年生からバレーを始める。熊本信愛女学院高校時代、春高バレーインターハイ等に出場。1999年世界ユース選手権優勝、アジアユース選手権準優勝、2000年アジアジュニア選手権準優勝を経験した。

卒業後はJTマーヴェラスに所属し、レフト、ライトリベロと様々なポジションをこなせるユーティリティープレイヤーとして活躍し、2005年に退部。その後、当時日立佐和の監督だった吉田國昭氏に直接懇願されて、日立佐和リヴァーレに移籍する。2005-06年第12回Vリーグではレギュラーを獲得。小柄ながらエースとしての勝負強さに加え、堅実なレシーブ力でチームの中心選手として活躍。06-07年シーズンは、主将としてチームを牽引した。

2007年5月開催の第56回黒鷲旗大会後に現役引退。同年6月、JTサンダーズ宮下雅寛と結婚。春高コーチングキャラバンでは、2007年度は最年少コーチとして東京都立駒場高校を、2008年度は岡山県立玉野光南高校の指導に当たった。2009年3月に出産。2016年のバレーボールのDAZN配信開始から、解説やリポーター、そして春高予選の解説や、主に九州でバレーボール教室や講演などに従事。現在は佐賀県鳥栖市にて女性のためのボディメンテナンスサロンを経営。2021年春にYouTube『佐田樹理のお母さんの保健室』をスタート。

人物・エピソード[編集]

  • 2003年リベロ全日本代表候補メンバーになった。その際、当時高校生で全日本候補だった木村沙織のサイン字体を考えた。
  • JT時代のニックネームはサリ→ジュリだったが、日立佐和に移籍してからはリサとなった。

球歴[編集]

  • 所属チーム履歴
大堰小→筑邦西中→熊本信愛女学院高等学校JTマーヴェラス(2001-2005年)→日立佐和リヴァーレ(2005-2007年)

外部リンク[編集]