佐原一哉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

佐原 一哉(さはら かずや、1958年 - )は日本音楽プロデューサーキーボード奏者、作曲家編曲家。妻は沖縄民謡歌手古謝美佐子

経歴[編集]

福岡県門司市(現北九州市門司区)生まれ。

小学生時代にピアノを始めるが、音楽はほとんど独学という。

同志社大学在学中に『ザ・ノーコメンツ』結成、リーダーを務め、同時期に黒人に憧れている京都在住の若手ミュージシャンの寄り合いサークル『京都黒人会』の発起人となり会長に就任。『会長』のニックネームはこの時(1970年代後半)に由来する。

同志社大学卒業。

1980年スカニューウェーブバンド『ザ・ノーコメンツ』でビクターレコードからデビュー。

二枚のアルバムを同バンドで残し、このバンドは『スカバンドパイオニア』と呼ばれている。

その後、沖縄音楽や関西の河内音頭江州音頭など伝統的大衆音楽にかかわり、プロデュースする。

作曲家としては森進一都はるみ三波春夫などに曲を提供した。

1997年、独自レーベル「サハラコジャ」を立ち上げる。

1998年、古謝美佐子と結婚。DISC MILK主宰。

プロデュースしたアーティスト[編集]

受賞[編集]

外部リンク[編集]