佐久間奈緒

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

佐久間 奈緒(さくま なお、1976年 - )は、福岡県福岡市出身のバレリーナ。2002年より英国バーミンガム・ロイヤル・バレエ団のプリンシパル。

来歴[編集]

3歳のころ母親に連れられて初めてバレエを観る[1]。5歳で三ノ上万由美にバレエを習い始め、10歳のときから古森美智子に学んだ[2]福岡県立香住丘高校に在学中の1993年[3]ローザンヌ国際バレエコンクールに2度目の挑戦。セミファイナルで落選するが、このときの踊りが審査員の一人であった吉田都の目に留まり、同年ロイヤルバレエ学校への推薦入学を果たした。

在校2年目にバーミンガム・ロイヤル・バレエ団コール・ド・バレエを務め、1995年の卒業と同時に同バレエ団と契約。しばらく下積みが続いたが、1998年、4年に1度開催されるジャクソン国際バレエ・コンクールにエントリーし、審査員特別賞を受賞する。この年ファースト・アーティストに昇格し、『くるみ割り人形』 で初めての主役、金平糖の精を踊った。2000年にソリスト昇格。このころから「コヴェント・ガーデンロホコジョカルに比肩すべし」と折り紙をつけられ[1]、将来を嘱望されるようになった。

2002年4月に最高位プリンシパルに昇格。抽象作品において踊りが淡泊と評されたこともある[4]が、技術の確かさは認められており、『ジゼル』では情感豊かな演技とともに絶賛されている[5]。2006年の女王陛下観覧ガラ公演では『二羽の鳩パ・ド・ドゥを踊ってスターの貫禄を見せつけた[6]

2008年のBRB来日公演で 『美女と野獣』 『コッペリア』 両演目の主役を務め、故郷へ錦を飾った。

動画[編集]

レパートリー [7][編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b "Nao Sakuma: The bold and the beautiful" , The Independent, 31 August 2001
  2. ^ 「インタビュー 佐久間奈緒」 (『クロワゼ Vol.28』 新書館、2007年10月、p.17)
  3. ^ 「セミファイナリスト・アンケート 佐久間奈緒」 (『バレリーナへの道』 No.4、文園社、1993年、ISBN 4-89336-073-6、p.46)
  4. ^ アシュトン 『バレエの情景』 評。Brown, Ismene, The Telegraph, 16 Jun 2005
  5. ^ Edmonds, Richard, "Giselle", The Stage, 30 June 2008
  6. ^ Leon, Ruth, "Royal Ballet's Anniversary Gala Boasts Queen, Guillem, Pigeons", Bloomberg News, 9 June 2006
    ロイヤル・バレエ団75周年とエリザベス女王80歳の誕生日を記念したガラ公演で、ギエム吉田バッセルコボーら本家のプリンシパルに混じっての出演となった。
  7. ^ 公式サイトより

公式サイト[編集]