ヨハン・コボー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
『うたかたの恋』カーテンコールにて。
うたかたの恋』カーテンコールにて。中央がヨハン・コボー(2007年4月10日)

ヨハン・コボーJohan Kobborg1972年6月5日 - )はデンマーク出身のバレエダンサー・バレエ指導者で、元英国ロイヤル・バレエ団プリンシパルである。

経歴[編集]

デンマーク第3の都市、オーデンセに生まれる。

コボーは1988年、16歳のときにデンマーク王立バレエ学校でキャリアをスタートさせた。1991年にはデンマーク王立バレエ団に加入し、1994年に「ラ・シルフィード」のジェームズ役デビューを飾った後にプリンシパルに任命された。

1999年には英国ロイヤル・バレエ団に加入し、団のレパートリーでの主要な役の殆どを踊った。

コボーは、マリインスキー・バレエ団、ボリショイ・バレエ団、ミラノ・スカラ座バレエ団などを含む、世界中のバレエ団に客演して活躍し、日本にも英国ロイヤル・バレエ団の来日公演や、世界バレエフェスティバルへの出演などで数多く来日している。

コボーはよくルーマニア出身のアリーナ・コジョカルとパートナーを組むが、コジョカルはコボーの私生活上のパートナーでもある[1]

2013年、コジョカルとともにロイヤル・バレエ団を退団した[2]。その後、ルーマニア国立バレエ団芸術監督に就任した[3]

受賞歴[編集]

  • 1993年 エリック・ブルーン・コンクール 金賞 
  • 1994年 ヌレエフ・バレエ・コンクール グラン・プリ
  • 1994年 ジャクソン・バレエ・コンクール グラン・プリ

脚注[編集]

  1. ^ "Not just anybody: Alina Cojocaru", The Times, 10 February 2007
  2. ^ "Alina Cojocaru and Johan Kobborg to leave The Royal Ballet at the end of 2012/13 season", Royal Opera House, 3 June 2013
  3. ^ アリーナ・コジョカルドリームプロジェクト2014 日本舞台芸術振興会ウェブサイト、2014年10月5日閲覧。

外部リンク[編集]