ミューズを率いるアポロ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ミューズを率いるアポロ』(ミューズをひきいるアポロ、Apollon Musagète )はイーゴリ・ストラヴィンスキーが作曲したバレエ音楽。『ミューズを導くアポロ』、『ミューズを先導するアポロ』、とも。ストラヴィンスキーの新古典主義時代の代表的な作品の一つである。

作曲の経緯[編集]

アメリカ議会図書館から現代音楽祭[1]で上演するバレエ音楽を委嘱された[2]ことにより、1927年7月から1928年1月にかけて作曲された。

契約ではテーマは自由とされたが、踊り手の数は6人しかおらず、時間も30分以内とされていた。ストラヴィンスキーはアポロを題材に選んだ。踊り手の制約により、9人いるミューズの中から詩とリズムを象徴するカリオペーマイムを象徴するポリュムニアー、両者の結合によって舞踊を成立させる最も重要な人物であるテルプシコレーの3人を選んだ[2][3]

ストラヴィンスキーは、「パ・ダクシオン」、「パ・ド・ドゥ」、「ヴァリアシオン」といった、クラシック・バレエの伝統的な形式に厳格に従い、過剰な装飾を排した「白のバレエ」を目指した[2]。このために、音楽は全音階的な技法が用いられ、楽器編成も弦楽合奏のみとされた。

初演[編集]

1928年4月27日ワシントンD.C.のアメリカ議会図書館における現代音楽祭で初演された。振付はアドルフ・ボルム英語版、美術と衣装はニコラス・レミソフが担当し、ルース・ページがテルプシコレーを踊った[4]

ヨーロッパ初演は同年6月12日パリサラ・ベルナール劇場英語版においてバレエ・リュス、作曲者自身の指揮によって行われた。

「一度きいただけで直ちに聴衆を熱狂させる要素を全然もたない」(『ストラヴィンスキー自伝』199ページより引用)作品であるにも関わらず、パリ初演は好評であった[5]。パリ公演に引き続き、バレエ・リュスのロンドン公演でも上演された。

バランシンはそれまでもストラヴィンスキー作品の振付に部分的にかかわってきたが、この作品によって振付師としての名声が確立し、その後生涯にわたってストラヴィンスキーとの協力関係が続くことになった[6]

出版は1928年にロシア音楽出版社から行われ、のちブージー・アンド・ホークス社から出版された。1947年に改訂が行われ、1949年にブージー・アンド・ホークス社から出版された。

編成[編集]

第1・第2ヴァイオリンヴィオラ、第1・第2チェロコントラバス

作曲者の指定ではそれぞれ8、8、6、4、4、4、で計34人[7]

構成[編集]

2場からなる。全曲で約30分。

第1場
  • プロローグ(アポロの誕生)
第2場
  • アポロのヴァリアシオン(アポロと3人のミューズ)
  • パ・ダクシオン
  • カリオペの踊り
  • ポリヒムニアの踊り
  • テルプシコールの踊り
  • アポロのヴァリアシオン
  • パ・ド・ドゥ
  • コーダ(アポロとミューズの踊り)
  • アポテオーズ

脚注[編集]

  1. ^ スポンサーはエリザベス・スプレイグ・クーリッジ夫人。
  2. ^ a b c 『自伝』、185-189ページ
  3. ^ White (1979) p.340
  4. ^ White (1979) p.345
  5. ^ ただし、ストラヴィンスキーはバレエ・リュスの舞台装置と衣裳には不満であった(『自伝』、198ページ)。
  6. ^ White (1979) p.345
  7. ^ 「14、14、10、4、4、6」という編成で『アポロ』を練習していたオットー・クレンペラーに対し、練習に立ち会っていたストラヴィンスキーが楽器間のバランスの悪さを指摘したため、クレンペラーが上記の編成に修正した(『自伝』、196ページ)。

参考文献[編集]

  • 作曲家別名曲解説ライブラリー25 ストラヴィンスキー(音楽之友社
  • ストラヴィンスキー、塚谷晃弘訳『ストラヴィンスキー自伝』全音楽譜出版社、1981年
  • Eric Walter White (1979) [1966]. Stravinsky: The Composer and his Works (2nd ed.). University of California Press. ISBN 0520039858.