プルチネルラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

プルチネルラ』(プルチネラプルチネッラ: Pulcinella )は、1919年から1920年にかけて制作されたバレエ・リュス(ロシア・バレエ団)のバレエ作品、または、イーゴリ・ストラヴィンスキーが同作品のために作曲したバレエ音楽およびこれに基づく管弦楽のための組曲イタリアの古典的な仮面劇(コンメディア・デッラルテ)をテーマとしており、音楽も18世紀イタリアの楽曲が素材として用いられている。

制作の経過[編集]

スカルラッティの音楽による『上機嫌な婦人たち』(1917年)、ロッシーニの音楽による『風変わりな店』(1919年)と、イタリア音楽にもとづくバレエを制作してきたバレエ・リュスの主宰者セルゲイ・ディアギレフ[1]は、1919年春頃には次回作としてペルゴレージの音楽に基づくバレエを構想していた[2]。また、ディアギレフの同性愛の相手でもあったバレエ・リュスの振付師レオニード・マシーンナポリ滞在中にコンメディア・デッラルテに興味を持ち、サン・カルロ劇場に隣接した王宮図書館で18世紀の即興劇の台本を研究し、その動きをバレエに応用することを考えた[3]

こうして、ペルゴレージの音楽による、プルチネッラを主人公としたバレエを作ることを決定したディアギレフとマシーンはサンピエトロ・ア・マイエラ音楽学校の図書館に保管されていたペルゴレージの手稿や印刷譜の中から18曲を選びだし、1919年秋にストラヴィンスキーに「ハープを含む大編成管弦楽」への編曲を依頼した[4](当初ファリャに依頼したが断られたため、ストラヴィンスキーに頼んだ[5])。ストラヴィンスキーはそれまでペルゴレージについて無知だったために躊躇したが、楽譜を見て気に入り、編曲の仕事を引き受けた。

『プルチネルラ』の素材となった楽曲はかつて全てがペルゴレージ作と考えられていたが、その後の音楽研究により、他の作曲家(具体的にはドメニコ・ガロウニコ・ヴィルヘルム・ファン・ヴァッセナールアレッサンドロ・パリゾッティカルロ・イニャツィオ・モンツァ英語版フォルトゥナート・ケッレリ)によるものも含まれていることが判明している。

ストラヴィンスキーはこれらの原曲を素材としながらも、リズムや和声は近代的なものを取り入れた独自のスタイルに作り替え、ディアギレフの意向は無視して、ハープ・打楽器はおろか、クラリネットさえ含まない合奏協奏曲風の小編成の作品とした。ストラヴィンスキーの「作曲」は、1920年4月にかけて、スイスモルジュで行われた[6]。 ディアギレフは完成した作品が要望通りでなかったために驚愕したがこれを了承し、大編成管弦楽を前提にしていたマシーンの振り付けは音楽に合わせたコンパクトなものに作りかえられた[7]

一方、『パラード』、『三角帽子』に引き続き舞台美術と衣裳を担当したパブロ・ピカソは、デザインをめぐってディアギレフと対立しながらも、月明かりに照らされるナポリの街並みと海をキュビスム風に表現した美しいセットと、コンメディア・デッラルテの伝統的を活かした衣裳を作り上げた[8]

初演[編集]

1920年5月15日パリ・オペラ座におけるバレエ・リュスの公演で初演された。指揮はエルネスト・アンセルメ、衣装舞台セットのデザインはパブロ・ピカソ、台本と振付はレオニード・マシーンが担当した。主役のプルチネルラはマシーン自身が踊り、ヒロインのピンピネルラはタマーラ・カルサヴィナが演じた[9]。 パリの聴衆はこの作品に魅了され[10]、バレエ・リュスの解散まで何度も再演された[11]。ピカソの美術も音楽に合っており、かつ美しかった[12]

音楽[編集]

『プルチネルラ』はしばしば新古典主義音楽とされ[13]、その代表作のように言われることすらある。しかし、ペルゴレージの曲をもとにするという案はもともとストラヴィンスキーのものではなくディアギレフのものであり、また原曲の旋律をほとんどそのまま使っていて、原曲に対してストラヴィンスキーが加えた部分があまりにも少なく、作曲というよりは個性的な編曲に近い[14]。また、リチャード・タラスキンによると、この曲にストラヴィンスキーが新たに加えた部分は新古典主義的でなく、むしろ『結婚』と同様ロシア的な特徴の強いものであり、フランス移住後に『マヴラ』を経て『八重奏曲』や『ピアノと管楽器のための協奏曲』で結実する新古典主義の作風とは異なっている[15][16]ロバート・クラフトは実際1962年にストラヴィンスキーとともにソ連を訪れてから『プルチネルラ』の中にロシアニズムを聞くようになったといっている[17]

バレエ音楽(全曲版)[編集]

同時期のストラヴィンスキーの舞台作品はみなそうだが、独唱が特定の登場人物と対応しているわけではない。

あらすじ[編集]

町の娘たちは皆プルチネルラに惚れており、プルチネルラの恋人であるピンピネルラはそのことでプルチネルラと喧嘩になる。

プルチネルラに嫉妬する町の若い男たちはひそかにプルチネルラを殺す。しかし実際にはプルチネルラは死んでおらず、フルボに自分の扮装をさせて死んだふりをさせる。人々はプルチネルラの遺体を見て嘆くが、そこへ魔術師に化けた(本物の)プルチネルラがやってきて、(にせの)プルチネルラを生き返らせる。

プルチネルラを片付けたと思い込んだ男たちは、意中の娘をものにするために自らプルチネルラに変装してやってきたためにプルチネルラだらけになって混乱するが、最終的に正体のばれた男たちは娘たちと結婚し、(本物の)プルチネルラもピンピネルラと結婚する[18]

構成[編集]

  1. 序曲: Allegro moderato
  2. セレナータ: Larghetto(テノール)
  3. スケルツィーノ: Allegro - Poco più vivo
  4. Allegro
  5. Andantino
  6. Allegro
  7. Allegretto(ソプラノ)
  8. Allegro assai
  9. Allegro (alla breve)(バス)
  10. Largo(三重唱) - Allegro(ソプラノ・テノール)- Presto(テノール)
  11. Allegro alla breve
  12. タランテラ: Allegro moderato
  13. Andantino(ソプラノ)
  14. トッカータ: Allegro
  15. ガヴォットと2つの変奏曲
  16. Vivo
  17. Tempo di Minuetto(三重唱)
  18. 終曲: Allegro assai

組曲[編集]

  • 編曲:1924年[6]1947年に改訂)
  • 独唱は除かれている。その他の楽器編成は同じ。
  • 演奏時間:約23分

構成[編集]

  1. Sinfonia
  2. Serenata
  3. Scherzino - Allegro - Andantino
  4. Tarantella
  5. Toccata
  6. Gavotta con due variazioni
  7. Vivo
  8. Minuetto - Finale

室内楽編曲[編集]

ストラヴィンスキーは『プルチネルラ』の音楽を基にして、以下の室内楽のための編曲も行なった。

  • ペルゴレージによる組曲(ヴァイオリンとピアノのための)
    Suite for violin and piano, after themes, fragments, and pieces by Giambattista Pergolesi
    1925年に編曲され、ヴァイオリニストのパウル・コハンスキに献呈された[19]。5曲からなる。
  1. Introduzione
  2. Seranata
  3. Tarantella
  4. Gavotta con due variazioni
  5. Minuetto e Finale
  1. Introduzione
  2. Serenata
  3. Aria
  4. Tarantella
  5. Minuetto e Finale
  • イタリア組曲(ヴァイオリンとピアノのための)
    Suite italienne
    1933年編曲(ドゥシュキンと共同)。6曲からなる。
  1. Introduzione
  2. Serenata
  3. Tarantella
  4. Gavotte con due variazioni
  5. Scherzino(原曲版のScherzinoではなく、Prestoの編曲)
  6. Menuetto e Finale

脚注[編集]

  1. ^ ディアギレフは、1917年にイタリアの図書館で、スカルラッティ以外の忘れられた18世紀イタリアの作曲家や、ロッシーニの作品について研究していた(リチャード・バックル英語版、鈴木晶訳『ディアギレフ ロシア・バレエ団とその時代』リブロポート、1987年、下巻75ページ)。
  2. ^ 指揮者エルネスト・アンセルメが5月にストラヴィンスキーに当てた手紙の中で言及されている(バックル、前掲書、下巻101ページ)。
  3. ^ バックル、前掲書、下巻100ページ
  4. ^ バックル、前掲書、下巻100-102ページ
  5. ^ Walsh (1999) pp.305-306
  6. ^ a b 『最新名曲解説全集6 管弦楽III』音楽之友社、1980年、執筆:塚谷晃弘
  7. ^ バックル、前掲書、102ページ
  8. ^ ピカソが提案した現代的なセットをディアギレフが却下したため、両者の仲は一時険悪となった(バックル、前掲書、下巻103ページ)。
  9. ^ Walsh (1999) p.312
  10. ^ バックル、前掲書、105ページ
  11. ^ 芳賀直子『バレエ・リュス その魅力のすべて』国書刊行会、2000年、252-253ページ
  12. ^ Walsh (1999) pp.312-313
  13. ^ たとえば、Don Michael Randel, ed (1986). “Neoclassical”. The New Harvard Dictionary of Music. Belknap Press of Harvard University Press. p. 535. ISBN 0674615255. 
  14. ^ Taruskin (1996) pp.1462-1465
  15. ^ Taruskin (1993) p.292
  16. ^ Taruskin (1996) pp.1501-1505
  17. ^ クラフト(1998) p.54
  18. ^ White (1979) p.284
  19. ^ White (1979) p.288

参考文献[編集]

  • Richard Taruskin (1993年). “Back to Whom? Neoclassicism as Ideology”. 19th-Century Music 16 (3): 286-302. JSTOR 746396. 
  • Richard Taruskin (1996). Stravinsky and the Russian Traditions: A Biography of the works through Mavra. 2. University of California Press. ISBN 0520070992. 
  • Stephen Walsh (1999). Stravinsky: A Creative Spring: Russia and France 1882-1934. New York: Alfred A. Knopf. ISBN 0679414843. 
  • Eric Walter White (1979) [1966]. Stravinsky: The Composer and his Works (2nd ed.). University of California Press. ISBN 0520039858. 
  • ロバート・クラフト 『ストラヴィンスキー 友情の日々』下、青土社1998年ISBN 4791756541