佐々木裕之

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

佐々木 裕之(ささき ひろゆき、1956年 - )は、日本の遺伝学者、分子生物学者、医学者九州大学教授。専門はエピジェネティクス(遺伝子制御の長期記憶)。日本のエピジェネティクス研究の草分けで、ゲノム刷り込みゲノムインプリンティング)現象をモデルとしてエピジェネティクスの機構の解明に貢献した。

経歴[編集]

受賞[編集]

著書[編集]

  • 「エピジェネティクス入門」(岩波科学ライブラリー)岩波書店 2005年

主な業績[編集]

  • Ferguson-Smith AC, Sasaki H, et al. (1993). “Parental-origin-specific epigenetic modification of the mouse H19 gene”. Nature 362: 751-755. PMID 8469285. 
  • Kaneda M, Okano M, et al. (2004). “Essential role for de novo DNA methyltransferase Dnmt3a in paternal and maternal imprinting”. Nature 429: 900-903. PMID 15215868. 
  • Watanabe T, Totoki Y, et al. (2008). “Endogenous siRNAs from naturally formed dsRNAs regulate transcripts in mouse oocytes”. Nature 453: 539-543. PMID 18404146. 
  • Sasaki H and Matsui Y. (2008). “Epigenetic events in mammalian germ-cell development: reprogramming and beyond”. Nat. Rev. Genet. 9: 129-140. PMID 18197165. 
  • Watanabe T, Tomizawa S, et al. (2011). “Role for piRNAs and non-coding RNA in de novo DNA methylation of the imprinted mouse Rasgrf1 locus”. Science 332: 848-852. PMID 21566194. 

外部リンク[編集]