低アミロース米

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

低アミロース米(ていアミロースまい)とは、通常のうるち米に比べてアミロースの含有量が少ないである。粘りが強く、冷めてもあまり食味が低下しないのが特徴である。

うるち米には17~23パーセント前後のアミロースが含まれているが、低アミロース米にはアミロースが5~15パーセント前後しか含まれない。なお、もち米のアミロースは0パーセントに近い。

アミロースとアミロペクチン[編集]

米のデンプンはアミロースとアミロペクチンに分けられる。アミロースが少ない米は相対的にアミロペクチンが多くなる。アミロペクチンが多いとデンプンの粘性は高まる。

低アミロース米の品種[編集]

高アミロース米[編集]

アミロースが多くなると粘りは少なくなるため、ササニシキなどパサパサした食感に近くなる。東南アジアの料理やピラフなどに向く他、米粉や麺などの加工品として利用される。またアミロースが多い米は栽培が難しく収量も少なくなる欠点がある。

代表的な品種は「さち未来」「ホシユタカ」「越のかおり」「夢十色」「ホシニシキ」「ゆきひかり」など。

関連項目[編集]