ミルキークイーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

ミルキークイーンは、イネの栽培品種の1つである。コシヒカリをベースに日本で改良された低アミロース品種で、コシヒカリと同等の形態・生態的特性や栽培特性を持ち、東北地方南部が栽培の北限となっている。農林登録番号は水稲農林332号。本品種は農林水産省の「需要拡大のための新形質水田作物の開発[1]」プロジェクト(スーパーライス計画)の一環で育成開発されたもの[2]である。

食味[編集]

玄米はやや白濁している。炊飯すると光沢がよく、アミロース含量は10~12%とコシヒカリより45%程低いため粘り強い。通常の米よりも軟らかくなりやすいため加水量を10~15%ほど減らすと適度な硬さが得られ[3]、冷えた後も硬くなりにくい。炊飯米の食味は日本晴より総合的に優れており、白飯おにぎり炊き込みご飯の他、膨化性や風味が良くチルド米米菓にも適しているが、、寿司には不向きと思われる[3]

開発の経緯[編集]

胚乳アミロースを低下させて粘り強く食味の良い米を得るため[4]1985年農業研究センターの稲育種法研究室で研究が始まった。同年にコシヒカリ受精卵MNU処理を行い、5個体から650粒の種子が得られた。

1986年にM1世代を養成して1987年にはM2世代を圃場で栽培し、各個体から採種したについて玄米の白濁を調べて選抜した結果、半糯突然変異の2個体を得た。これを受けて1988年から系統栽培を行ない、1990年から生産力検定試験を始めている。また1991年から一方の系統を「鴻271」と名付けて生産力および特性検定試験に供試し、1992年に「関東168号」と命名して各府県に配布して地域適応性を検討した。1995年にはM10世代が育てられ、1998年に「水稲農林332号」として品種登録された。

栽培特性[編集]

基本的に栽培特性はコシヒカリと同様で南東北以南に適応し、関東地方では出穂期・成熟期とも早生の晩に属する。倒伏しやすいため、多肥栽培を避け適期に刈入れる事が推奨されており、いもち病への耐性も弱い。耐冷性は極めて強く、穂発芽性や脱粒性は難である。収量性はコシヒカリよりやや低い。米粒の形状・サイズなど外観品質はコシヒカリ並だが、玄米は基本的に不透明となる[3]

形態的には、稈長は長く穂長・穂数は中程度で、草型は中間型。粒着密度は中密で、先色は黄白となる。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 春原嘉弘(東北農業試験場) (1990年12月). “スーパーライス計画の背景と展望 (PDF)”. 東北農業研究 別号3. 東北農業試験研究協議会. pp. 5-13. 2018年7月6日閲覧。
  2. ^ 水稲の品種開発 (PDF)”. 農林水産省. p. 2 (2008年3月). 2010年4月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年7月5日閲覧。
  3. ^ a b c イネ品種・特性データベース検索システム
  4. ^ 佐藤、2001年、P.13

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]