伊藤整 (プロデューサー)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
いとう ひとし
伊藤 整
本名 伊藤 整
生年月日 1985年
出生地 日本の旗
国籍 日本の旗 日本
ジャンル 映画アニメーション
主な作品
バケモノの子
未来のミライ
GREAT PRETENDER
 
受賞
コードアワード2018 グッド・ユース・オブ・メディア
テンプレートを表示

伊藤 整(いとう ひとし)は、日本映画プロデューサー早稲田大学第一文学部卒。

来歴[編集]

在学中よりエンタテインメントファンドのマネジメントやファイナンスに携わる。

その後、アシスタントプロデューサーとして『ゴースト もういちど抱きしめたい』(2010年)、『こちら葛飾区亀有公園前派出所 THE MOVIE』(2011年)などの実写映画に参加。

おおかみこどもの雨と雪』(2012年)にて製作経理を担当したことをきっかけにスタジオ地図へ入社。

バケモノの子』(2015年)以降、アソシエイトプロデューサーを務める。

2018年劇場公開された『未来のミライ』は、カンヌ国際映画祭監督週間にて正式上映された[1]

2019年にスタジオ地図を退社。現在は、IGポート所属。

東京都海外ビジネスセミナー ワークショップ講師。[2]

作品一覧[編集]

実写映画[編集]

テレビドラマ[編集]

アニメ映画[編集]

テレビアニメ[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ Miraï” (英語). Directors' Fortnight. 2019年6月16日閲覧。
  2. ^ 講師紹介 │ 東京都 海外進出セミナー ピッチコンテスト 支援事業”. anime-tokyo.com. 2020年9月4日閲覧。