伊東孝紳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

伊東 孝紳(いとう たかのぶ、1953年8月29日 - )は、かつて本田技研工業(ホンダ)の第7代社長であった人物。静岡県出身。京都大学大学院工学研究科修了。

来歴[編集]

以下は、本田技研工業の有価証券報告書[1]より抜粋。

  • 1953年8月29日生
  • 1978年京都大学大学院工学研究科修了
  • 1978年4月本田技研工業㈱入社
  • 1998年4月ホンダアールアンドディアメリカズ・インコーポレーテッド副社長
  • 2000年6月本田技研工業㈱取締役
  • 2001年6月㈱本田技術研究所専務取締役
  • 2003年6月本田技研工業㈱常務取締役
  • 2003年6月同モータースポーツ担当
  • 2003年6月㈱本田技術研究所取締役社長
  • 2004年4月本田技研工業㈱モータースポーツ統括
  • 2005年4月同生産本部鈴鹿製作所長
  • 2005年6月同常務執行役員
  • 2007年4月同四輪事業本部長
  • 2007年6月同専務取締役
  • 2009年4月㈱本田技術研究所取締役社長
  • 2009年6月本田技研工業㈱代表取締役社長(第7代)
  • 2009年度役員報酬額1億1500万円
  • 2011年4月本田技研工業㈱取締役社長社長執行役員
  • 2011年4月本田技研工業㈱四輪事業本部長
  • 2014年 役員報酬1億5000万円を受ける[2]
  • 2015年6月本田技研工業㈱代表取締役社長(第7代)を退任

人物[編集]

NSXアルミボディ、2代目アスコット、ラファーガのLPL(開発責任者)を担当。特にNSXとは縁が深く、開発時には社内の反対の声を押し切りながらオールアルミボディを実現した。2008年のリーマン・ショック時には当時最終段階まで開発が進んでいた後継モデルの開発中止を決定している。この決定には研究所から来訪拒否の連判状が出されるほど抵抗が根強く、スタッフを自ら説得して回ったと語っている[3]。社長となった後も、時々ながら愛車のCB1100でバイク通勤していたという[4]。 F1レースへの復帰や久方振りの軽スポーツモデルとなるS660の発売などが評価される一方、社長就任直後に掲げた「早く、安く、低炭素でお届けする」「2016年度に世界販売台数600万台」といった目標が現場へのプレッシャーに繋がり、フィットハイブリッドの連続リコールに端を発する品質問題の原因にもなったという見方もある[5]

脚注[編集]