伊地知重興

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
伊地知重興
時代 戦国時代 - 安土桃山時代
生誕 享禄元年8月20日1528年9月3日
死没 天正8年2月13日1580年2月27日
改名 虎太郎丸(幼名)→重興
別名 又九郎(通称
戒名 千山守法庵主
官位 上総周防(受領名)
氏族 伊地知氏
父母 父:伊地知重武
兄弟 重興重屋
正室:禰寝重就娘、側室:(出自不詳)
重政

伊地知 重興(いぢち しげおき)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将島津氏の家臣。大隅国国人伊地知氏の9代当主。下大隅の本城・垂水・田上・高城・下之城の領主。

生涯[編集]

父・伊地知重武は島津氏当主である島津勝久の家老職を務め、重興も島津宗家を継いだ伊作島津家貴久に従う。弘治2年(1556年)4月の蒲生氏討伐に参加したが、永禄年間には肝付兼続禰寝重長と同盟を結び島津氏に反旗を翻した。

しかし、元亀3年(1572年)9月に家臣伊地知重矩小浜城島津歳久に落とされ、更に翌年の天正元年(1573年)に盟友であった禰寝重長が島津義久に降伏したことで事態が悪化する。重興は翌天正2年(1574年)3月に裏切った禰寝氏肝付氏と共に攻撃するが、肝付家臣安楽兼寛牛根城が島津氏に降伏、開城したことで利を失い、重興は全領地を差し出し、剃髪の上で島津氏に降伏した(唯一、下之城のみ返還される)。

その後は島津氏の家臣となり周防守に任じられると、日向国伊東氏高原城攻めや大友氏攻めなどで活躍。天正8年に死去した。

逸話[編集]

重興は豊後国より招いた女を側室としたのだが、この女が家中の者と密通したため、の中に多数のと共に入れ垂水の池に沈めて殺害している。しかし、後に女が祟りをなしたことから、赤明神として祀り氏神とした。

参考文献[編集]