今野美穂

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
今野美穂 Portal:陸上競技
選手情報
国籍 日本の旗 日本
競技 陸上競技
種目 棒高跳
所属 トーエル
大学 聖学院大学
生年月日 (1990-01-25) 1990年1月25日(31歳)
出身地 埼玉県
身長 165cm
体重 49kg
自己ベスト
棒高跳 4m20(2015年)
編集 テンプレートのヘルプを表示する

今野 美穂 (いまの みほ、1990年1月25日 - )は、埼玉県出身の、日本の元陸上競技選手[1]第19回アジア陸上競技選手権大会女子棒高跳日本代表。身長165.0 cm、体重49.0 kg。美人アスリートとしても注目を集めている。

来歴[編集]

中学時代は器械体操に打ち込んだ[2]。進学先の埼玉県立草加高等学校[3] に器械体操部がなく止むを得ず新体操部に所属したが馴染めずにいたところ、顧問にスカウトされて陸上部に転部[2]保育士の資格取得の目標もあり、同校卒業後、聖学院大学に進学し、以降、本格的に棒高跳に打ち込むようになった[1]。大学時代の日本学生陸上競技対校選手権大会は、2011年の第79回大会で2位に入るなど、4年連続入賞する成績を残した[4][5][6][7]。2011年6月に熊谷市で開かれた第95回日本陸上競技選手権大会は4m00の記録で2位に入った[8]。7月の第19回アジア陸上競技選手権大会に日本代表として出場し、3m75の記録で5位入賞した[9]

大学卒業後の2012年4月、トーエルに入社[10]。日本選手権は2013年の第97回大会は6位[11]。2014年には日本人女子歴代7位(当時)の4m15を記録[12]。2015年の第99回大会は5位に入賞[13]。2016年6月に名古屋市で開かれた第100回大会は4m00の記録で2位に入った[14]。しかし、27歳で迎えた2017年の第101回大会は3m70の14位と大きく成績を落とした[15]。この年を最後に引退。

成績[編集]

自己記録は、2015年5月31日にケーズデンキスタジアム水戸で行われた2015水戸招待陸上で記録した、4m20[16][17]。これは当時、日本人女子歴代7位タイ、2020年1月1日現在でも同9位タイの記録である。

学生時代は棒高跳び以外の種目に出場することもあったが、大学3年時に100mを13秒5台など目立った成績は残していない。

人物[編集]

  • 美人アスリート・美女アスリートとして取り上げられることが多い。
  • 桐谷美玲似や新垣結衣似、松井愛莉似と称されている。
  • 試技の際は、セパレートタイプのユニフォームを着用。下は学生時代まではスパッツ、社会人になってからはブルマを着用している。
  • 助走に入る前に、口や鼻を左上腕部にうずめる癖がある。
  • バーを越える動作の最後に、バンザイのような格好をする。
  • 女子選手としては、かなりの筋肉質な体型で肩幅も広い。
  • 腹筋は、学生時代までは割れてはいるものの肉感も目立っていたが、実業団選手になってからは綺麗に6つに割れている。

出演 [編集]

ビューティライス (2015年7月5日-12月6日、BS258チャンネルDlife) - レギュラー[18]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]

  1. ^ a b “より高く、ひたすら努力を積み上げる 棒高跳び・今野美穂さん”. 朝日新聞デジタル (朝日新聞). (2016年4月26日). http://www.asahi.com/and_M/interest/SDI2016031008711.html 2016年7月27日閲覧。 
  2. ^ a b 今野 美穂 - YELL 部活応援プロジェクト
  3. ^ 陸上部の活躍 第80回日本インカレ女子棒高跳び今野美穂さん入賞 聖学院大学 (2011-09-26). 2016年7月27日閲覧
  4. ^ 天皇賜杯第77回日本学生陸上競技対校選手権大会 入賞者一覧表 日本学生陸上連合. 2016年7月27日閲覧
  5. ^ 天皇賜杯第78回日本学生陸上競技対校選手権大会 女子棒高跳決勝 日本学生陸上連合. 2016年7月27日閲覧
  6. ^ 天皇賜盃第79回日本学生陸上競技対校選手権大会 女子棒高跳決勝 日本学生陸上連合. 2016年7月27日閲覧
  7. ^ 天皇賜盃第80回日本学生陸上競技対校選手権大会 女子棒高跳決勝 日本学生陸上連合. 2016年7月27日閲覧
  8. ^ 第95回日本陸上競技選手権大会 決勝一覧表 日本陸上競技連盟. 2016年7月27日閲覧
  9. ^ 第19回アジア陸上競技選手権大会 リザルト 日本陸上競技連盟. 2016年7月27日閲覧
  10. ^ ニュースリリース 平成24年度入社式開催 トーエル. 2016年7月27日閲覧
  11. ^ 第97回日本陸上競技選手権大会 フルリザルト 日本陸上競技連盟. 2016年7月27日閲覧
  12. ^ トーエル陸上部
  13. ^ 第99回日本陸上競技選手権大会 決勝記録一覧表 日本陸上競技連盟. 2016年7月27日閲覧
  14. ^ 第100回日本陸上競技選手権大会 決勝一覧表 日本陸上競技連盟. 2016年7月27日閲覧
  15. ^ 第101回日本陸上競技選手権大会 決勝記録一覧表
  16. ^ Miho Imano ATHLETE PROFILE IAAF. 2016年7月27日閲覧
  17. ^ 2015水戸招待陸上 茨城陸上競技協会. 2016年7月27日閲覧
  18. ^ [1]

外部リンク[編集]