今野忠一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

今野 忠一(こんの ちゅういち、本名 今野 忠市 1915年3月26日 - 2006年4月15日)は山形県天童市出身の日本画家埼玉県在住。故郷の蔵王月山を始め、多くの山岳や巨木を題材に、前景から背景まで分厚く塗る重厚な作風で知られた。

戦前から戦後にかけて活躍した、児玉希望鄕倉千靱日本画の巨匠たちに師事した。愛知県立芸術大学で教授を務めたほか、東北芸術工科大学の名誉教授も務め、彼の主宰した画塾からは多くの日本画家が輩出された。また、日本美術院で評議員、常務理事も務め、院展で大賞はじめ数多くの賞を受賞してきた日本画界の重鎮であった。

その他、三島由紀夫著『金閣寺』の装丁を務めている。

生涯作品の多くは出生地の山形県天童市にある天童市美術館に収蔵されているが、日本の現代作家としては唯一、イギリス・ロンドンの大英博物館に”早春の響き”が収蔵されている。