今沢慈海

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

今沢 慈海(いまざわ じかい、1883年3月24日1968年12月31日)は、明治昭和期の僧侶図書館学者。幼名は市次郎。別号は天瑞・南岳。愛媛県西条町(現在の西条市)出身。

略歴[編集]

初め西条の臨済宗の名刹保国寺の養子となり同寺を継ぐべく育てられるが、1907年東京帝国大学哲学科倫理学科を卒業後、大学院に進学。

1908年に新設された東京市立日比谷図書館の職員となり、1914年には31歳で館長に抜擢され、以後20年間にわたってその職にあった。その間、図書館員教習所講師、日本図書館協会会長を務め、1929年以後は東京市における市立図書館の総責任者となった。

1934年、成田山新勝寺貫主荒木照定の懇願を受けて成田中学校校長に就任、1948年には成田山文化財団理事長兼成田図書館館長を務めた。

首都東京の図書館長として、公共図書館の普及に尽力するとともに、図書館学仏教研究にもあたり、『梵文典』や『図書館経営の理論及実際』などの著書を著している。

著作リスト[編集]

  • 『図書館経営の理論及実際』(叢文閣、1926年)
  • 『不動尊の霊験』(不動全集刊行会、1941年)
  • 『了翁禅師小伝』(日本図書館協会、1964年)

編書[編集]

  • 『児童読物 大正10年5月迄』(三省堂、1921年)
  • 『若水 - 東皐句集』(荒木照定、成田山文化財団、1954年)
  • 『梵文典 - 表解詳説』(成田山新勝寺、1958年)
  • 『成田図書館周甲記録』(成田図書館、1961年)

共著[編集]

訳書[編集]

共訳[編集]

追悼集[編集]

  • 『今沢慈海先生追悼録』(成田山教育文化福祉財団、1969年)

参考文献[編集]