仁宇城

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
logo
仁宇城
徳島県
城郭構造 平城
築城主 湯浅兼朝
築城年 戦国時代
主な城主 山田宗重
遺構 空堀

仁宇城(にうじょう)は、徳島県那賀郡那賀町仁宇にあった日本の城。別名は和食城仁宇山城

歴史[編集]

天正年間は湯浅対馬守(藤原兼時)の居城であり天正13年(1585年)に蜂須賀家政阿波国に入るまで仁宇谷地域を押さえていた[1]

蜂須賀氏が入部した直後、湯浅氏を首謀者とする仁宇谷衆は一揆を起こすが鎮圧された。仁宇城は阿波九城のひとつの支城として整備され、一揆を鎮圧した山田宗重を城代とし、5000石を有した[2]一国一城令により寛永15年(1638年)に廃城となった。

福永素久や高田徹は、那賀川右岸の蛭子神社境内にあったと比定するが、本田昇は『日本城郭大系15巻』などで蛭子神社の西約1.8kmに位置する遺構を阿波九城の仁宇城と比定している[1]。徳島県発行の遺跡分布地図では、蛭子神社を「和食城」、西の遺構を「小仁宇城」としている[3]

脚注[編集]

  1. ^ a b 福永2007、pp.46f
  2. ^ 福永2007、p.38
  3. ^ 福永2007、p.56

参考文献[編集]

  • 福永素久「阿波国蜂須賀氏の支城「阿波九城」について」『史学論叢.37』pp.37-59、2007年 pdf2014年8月20日閲覧

関連項目[編集]