川島城

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
logo
川島城
徳島県
模擬天守
模擬天守
別名 川島城
城郭構造 平山城
天守構造 なし
(望楼型3重4階、模擬)昭和56年
築城主 川島兵衛之進
築城年 1572年(元亀3年)
主な城主 川島惟忠、林能勝
廃城年 1638年(寛永15年)
遺構 曲輪
指定文化財 吉野川市指定史跡
再建造物 模擬天守
位置 北緯34度3分57.987秒
東経134度19分13.182秒
座標: 北緯34度3分57.987秒 東経134度19分13.182秒
地図
川島城の位置(徳島県内)
川島城
川島城

川島城(かわしまじょう)は、日本の城阿波九城の一つ。所在地は徳島県吉野川市川島町川島。吉野川市指定史跡。

概要[編集]

1572年三好氏の家臣であった篠原長房が滅ぼされた後、その功績によりこの地を与えられた川島兵衛之進(川島惟忠)が長房の上桜城に代わって城を築き、後の1585年には蜂須賀家政の家臣である林能勝が城主となる。

しかし一国一城令により1638年に廃城となる。その跡には徳島藩の奉行所が置かれ、明治になるまで存続した。

現在、二の丸跡に1981年に観光用に模擬天守閣(「レストハウス川島城」)が建設された。内部はレストラン等の観光施設になっている。曲輪跡は比較的よく残っている。

JR徳島線阿波川島駅から国道192号より徒歩約10分のところにある。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]