西条城 (阿波国)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
logo
西条城
徳島県
城郭構造 平城
築城主 森春之
築城年 貞和2年(1346年
主な城主 森春之、岡本清宗、森監物など
廃城年 寛永15年(1638年
遺構 天守台・堀跡

西条城(さいじょうじょう)は、徳島県阿波市吉野町西条にあった日本の城。別名は西条東城戎城西城

概要[編集]

貞和2年(1346年)に秋月城の支城として築城[1]長宗我部元親によって滅ぼされた勝瑞城と運命を共に落城した。

天正13年(1585年)に蜂須賀家政阿波国に入国し、阿波九城のひとつとして整備された。森監物が城代(支城主)として入り、5500石の石高を有した[2]。その後寛永15年(1638年)、一国一城令によって廃城となった[1]

城跡は、後世の開墾により不明であるが、明治期に作成された地籍図などから、方形の居館であったことが窺える[2]。現在では「天守台」と呼ばれる高さ6mほどの小丘に、城跡を示す石碑と森監物をまつる小さな祠がある[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 『日本城郭大系 15巻』p.191
  2. ^ a b 福永素久「阿波国蜂須賀氏の支城「阿波九城」について」『史学論叢.37』pp.37-59、2007年 pdf2014年8月20日閲覧

関連項目[編集]