人民軍 (ポーランド)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Orl.jpg

人民軍(ポーランド語:Armia Ludowa ['armȋa lu'dɔva/アールミヤ・ルドーヴァ]、略号 AL)は、第二次世界大戦中にポーランド労働党(PPR)(波瀾:Polska Partia Robotnicza、英:Polish Workers' Party )により組織された共産主義パルチザン(軍事)であった。

1944年1月1日、ドイツの占領下ポーランドでの抗戦でソ連軍の援護を行い、ソ連の共産主義政権をポーランドに設立するためヴワディスワフ・ゴムウカ国家全国評議会英語版(波蘭:Krajowa Rada Narodowa, KRN) の命令により設立した[1]


概要[編集]

1939年、ドイツによる占領の17日後、ソ連もポーランドを侵略した。両国から公式の宣戦布告はなかった。ポーランド政権はロンドンに避難し、遠方から占領下ポーランドのポーランド地下国家英語版代表者らに連絡をしていた。1943年、ソ連はロンドンのポーランド亡命政府との外交関係の交渉破棄をした[2]

戦時中、影響力のある共産主義者となったヴワディスワフ・ゴムウカは、1943年、ポーランド労働者党(Polska Partia RobotniczaPPR)の書記長となるが、ゴムウカのリーダーシップはソ連の意向に副わないためソ連のリーダースターリンラヴレンチー・ベリヤにより解雇され、その後ゴムウカは共産主義活動家やソ連派の組織となる国家全国評議会英語版を設立した。

ポーランドの共産主義者は、ドイツ占領者に対抗するためパルチザンを結成し、自らの地下組織を結成した。地下組織は、ドイツ勢力に対抗するソ連軍を援護し、そしてソ連の共産主義政権をポーランドに設立するためであった。1942年、人民警備隊(波蘭:Gwardia Ludowa、GL)(英:Gl, People's Guard) は設立され、en:National Armed Forcesと共にポーランドの地下国家構造に属する事を拒否するこの共産主義の地下軍隊レジスタンス組織の1つは国内軍 の軍隊であった[3]

1944年1月1日、ドイツの占領下ポーランドでの抗戦でソ連軍の援護を行い、ソ連の共産主義政権をポーランドに設立するため国家全国評議会英語版(波蘭:Krajowa Rada Narodowa, KRN) の命令によりポーランド人民軍は設立した[4]

抵抗運動[編集]

ドイツ支配下のポーランドでは、1944年1月1日国家評議会(Krajowa Rada Narodowa、略号KRN)は、人民警備隊("Gwardia Ludowa"、略号GL)を人民軍に置き換えた。KRNは他の組織から志願者を得ようとしたが、うまくいかなかった。創設時の1944年7月において、その組織は約6~8千人の組織であり、そのうち6千人が活動しているパルチザンであった[5]

兵力[編集]

1944年7月21日、設立後7ヶ月、ALはUSSRのポーランド軍と統合され、ポーランド人民軍 (Ludowe Wojsko Polskie、略号LWP)となった。赤軍と共産党が背後にあるポーランド第1軍1944年1945年頭にポーランドを解放した後、ほとんどのALメンバーはポーランド第1軍に参加した。戦争が終了した後、メンバーのほとんどは、共産ポーランドの公安省の地位についた。そして、以前あった独立運動への迫害とソビエトによるポーランド支配を強制することに決定した[6][7]

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ http://encyklopedia.pwn.pl/haslo.php?id=3871193
  2. ^ www.ipn.gov.pl/portal/pl/398/4908/ Gwardia Ludowa, Armia Ludowa (in Polish), Instytut Pamięci Narodowej
  3. ^ www.ipn.gov.pl/portal/pl/398/4908/ Gwardia Ludowa, Armia Ludowa (in Polish), Instytut Pamięci Narodowej
  4. ^ http://encyklopedia.pwn.pl/haslo.php?id=3871193
  5. ^ http://encyklopedia.pwn.pl/3804_1.html
  6. ^ http://encyklopedia.pwn.pl/3804_1.html
  7. ^ http://encyklopedia.pwn.pl/47537_1.html