京急不動産

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
京急不動産株式会社
KEIKYU REALESTATE Co., LTD.
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
108-0074
東京都港区高輪2-21-28
設立 1958年(昭和33年)9月30日
業種 不動産業
法人番号 4010401009164
代表者 取締役社長 坂齊素彦
資本金 10億円
売上高 140億5600万円(2019年03月31日時点)[1]
営業利益 7億4800万円(2019年03月31日時点)[1]
経常利益 6億8300万円(2019年03月31日時点)[1]
純利益 5億2000万円(2019年03月31日時点)[1]
純資産 43億0800万円(2019年03月31日時点)[1]
総資産 281億8800万円(2019年03月31日時点)[1]
従業員数 134名(2011年10月現在)
決算期 3月31日
主要株主 京浜急行電鉄
外部リンク http://www.keikyu-sumai.com
テンプレートを表示

京急不動産株式会社(けいきゅうふどうさん、: KEIKYU REALESTATE Co., LTD.)は、東京都に本社を置く京急グループ不動産会社

概要[編集]

戦前においては、かつて横浜市北部に存在した海水浴場(子安周辺の海水浴場)や遊園地の振興のために、住宅地開発を行い、鶴見周辺の埋め立て事業とも平行して事業を行っていた。戦後、東急から分離してしばらくした後には、金沢文庫周辺の住宅開発が中心となって行われ、現在も微力ながら続けられている。沿線の振興を目的として開発が行われているために、沿線外への不動産事業の展開はそれほど積極的ではない。京急グループの企業としての色合いが濃いために、娯楽・レジャー事業においては関連会社である京急開発と一体となって事業が行われている事も多い。ビルの建設事業においては地下線上の建設物(大鳥居駅泉岳寺駅周辺)や旧駅跡(旧高輪駅)を利用したものが中心であるが、例外もいくつか存在する。品川駅北方および西側に7棟の貸しビルを所有しているが、それ以外の地域にはあまり存在しない。

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]