井上浩一 (歴史学者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

井上 浩一(いのうえ こういち、1947年9月24日 - )は、日本の歴史学者、大阪市立大学名誉教授。佛教大学歴史学部特別任用教授。専門は、ビザンツ帝国史。

略歴[編集]

京都市生まれ。1971年京都大学文学部卒業、76年同大学院文学研究科博士課程単位取得退学。大阪市立大学文学部講師、助教授、教授、文学研究科(西洋史学専修)教授。2011年定年退職、名誉教授。日本ビザンツ学会副代表[1]

2012年4月にはインターネット上で西洋史を講義する「バーチャル大学」の「学長」として、西洋史の研究方法・レポートの書き方などを公開している。2013年より佛教大学歴史学部特別任用教授。

著書[編集]

単著[編集]

共著・編著[編集]

翻訳・監修[編集]

  • ミシェル・カプラン 『黄金のビザンティン帝国 文明の十字路の1100年』
    創元社「知の再発見」双書〉, 1993年)。監修、田辺希久子・松田廸子訳
  • ジュディス・ヘリン 『ビザンツ 驚くべき中世帝国』 (監訳:白水社, 2010年)
  • ジョナサン・ハリス 『ビザンツ帝国の最期』 (白水社, 2013年) 
  • ジョナサン・ハリス 『ビザンツ帝国 生存戦略の一千年』(白水社, 2018年)

外部リンク[編集]