ジュディス・ヘリン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

ジュディス・ヘリン(Judith Herrin、1942年-)は、イギリス歴史学者ビザンツ帝国史を専門とする。

ケンブリッジ大学卒業後、バーミンガム大学大学院で博士号取得。その間パリミュンヘンなどで考古学調査に従事した。プリンストン大学教授を経て、1995年から2008年までキングス・カレッジ・ロンドン教授。現在、同大学名誉教授および研究フェロー。

著作[編集]

  • The Formation of Christendom, Princeton University Press, 1987.
  • Women in Purple: Rulers of Medieval Byzantium, Princeton University Press, 2001.
  • Byzantium: the Surprising Life of a Medieval Empire, Princeton University Press, 2008.

編著[編集]

  • A Medieval Miscellany, Weidenfeld & Nicolson, 1999.

共編著[編集]

  • Iconoclasm: Papers Given at the Ninth Spring Symposium of Byzantine Studies, University of Birmingham, March 1975, co-edited with Anthony Bryer, Centre for Byzantine Studies, University of Birmingham, 1977.
  • Constantinople in the Early Eighth Century: the Parastaseis Syntomoi Chronikai: Introduction, Translation, and Commentary, co-edited with Averil Cameron, E.J. Brill, 1984.
  • Personification in the Greek World: from Antiquity to Byzantium, co-edited with Emma Stafford, Ashgate, 2005.
  • Identities and Allegiances in the Eastern Mediterranean after 1204, co-edited with Guillaume Saint-Guillain, Ashgate, 2011.