五色桜大橋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
首都高速C2号標識
五色桜大橋
Goshiki-Zakura Big Bridge 001.jpg
五色桜大橋
基本情報
日本の旗 日本
所在地 東京都足立区
交差物件 荒川 (関東)
建設 -2002
構造諸元
形式 アーチ橋
材料
全長 146.2 m[1]
最大支間長 142.2 m[1]
地図
五色桜大橋の位置(東京都区部内)
五色桜大橋
関連項目
橋の一覧 - 各国の橋 - 橋の形式
テンプレートを表示

五色桜大橋(ごしきざくらおおはし、Goshiki Zakura Big Bridge)は、東京都足立区荒川(荒川放水路)に架かる首都高速中央環状線の橋である。江北ジャンクション王子北出入口の間に位置する。事業中は荒川アーチ橋の仮称が与えられていた[2][3]

概要[編集]

荒川の河口から16.5 km[4]の地点に架かる世界初の2層構造のダブルデッキニールセンローゼ橋[5][6]で、上層部が内回り(板橋方面)、下層部が外回り(江北方面)となっている。右岸は豊島5丁目宮城2丁目を分かち、左岸は足立区江北2丁目に至る。日没から22時まで橋の白色LED照明を使用したライトアップが行なわれている。橋の管理者は首都高速道路公団である[2]。また、災害時に防災拠点等に緊急輸送を行なうための、東京都の特定緊急輸送道路に指定されている[7]。この付近の荒川堤一帯がかつて五色のが咲く名所だったことからこの名が付けられた[5][8]2002年土木学会田中賞を受賞している[1]。また、2007年度に全建賞を受賞している[9]

  • 構造:2層式ニールセンローゼ橋
  • 全長:146.207 m[1]
  • 支間長:142.241 m[8]
  • 高さ:水面から53 m(アーチリブの高さは32 m)[8]
  • 有効幅員:14.993 m〜16.0 m(上層) / 16.225 m〜16.0 m(下層)[10]
  • 車線数:上下各2車線 (一部江北ジャンクションに掛かっているためゼブラゾーンで制御されているが、3〜4車線に相当する幅がある。)
  • 着工:1990年11月[11]
  • 竣工:1995年2月[11]
  • 開通:2002年12月25日[11]

[編集]

その他[編集]

  • 1992年(平成4年)3月16日午前11時10分頃、橋脚の建設の際に設けられた長さ10メートル幅2メートルの鉄板製の足場が、その支えの鉄パイプが突然折れた事で45度傾き、架設作業に従事していた作業員9人が川に転落する事故を起こしている。8人が救助されたが1人は重体で発見され、翌日死亡している[12][13]
  • 2007年12月14日より振動発電の実験が行われており、夜間のイルミネーションの一部をその電力で補っている[14]
  • 橋付近の宮城ゆうゆう公園内に足立区が設置した橋の紹介記念碑には、「桜」の字は旧漢字で「五色櫻大橋」と表記されている。

風景[編集]

周辺[編集]

橋付近はスーパー堤防化事業や五色桜に由来する桜の植樹事業が行なわれている[15]

隣の橋[編集]

(上流) - 新荒川大橋 - 鹿浜橋 - 五色桜大橋 - 江北橋 - 扇大橋 - (下流)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 田中賞作品部門受賞一覧 - 公益社団法人 土木学会、2015年7月31日閲覧。
  2. ^ a b 荒川アーチ橋 - 鋼橋技術研究会
  3. ^ 荒川アーチ橋(仮称)の設計・製作・架設 (PDF) - 川田工業株式会社
  4. ^ 荒川下流河川維持管理計画【国土交通大臣管理区間編】 (PDF) p.73(巻末-7) - 国土交通省関東地方整備局 荒川下流河川事務所、平成24年3月、2014年11月4日閲覧。
  5. ^ a b 橋 2002-2003 (PDF) p27 - 土木学会
  6. ^ 虹橋 平成15年 67号”. 日本橋梁建設協会. p. 95 (2003年1月). 2015年7月31日閲覧。
  7. ^ 特定緊急輸送道路図”. 東京都耐震ポータルサイト (2013年). 2017年3月7日閲覧。
  8. ^ a b c 五色桜大橋の概要 - 首都高ドライバーズサイト、2017年2月26日閲覧。
  9. ^ 首都高の技術 - 首都高速道路株式会社、2017年2月26日閲覧。
  10. ^ 『荒川アーチ橋(仮称)の設計・製作・架設』36頁。
  11. ^ a b c 建設ステップ - 首都高ドライバーズサイト、2017年2月26日閲覧。
  12. ^ “高速道工事現場、足場落下、荒川へドボン――8人救助1人重体。”. 日本経済新聞 夕刊 (日本経済新聞社): p. 19. (1992年3月16日) 
  13. ^ “東京・荒川の足場落下事故、意識不明の作業員死亡。”. 日本経済新聞 朝刊 (日本経済新聞社): p. 35. (1992年3月17日) 
  14. ^ 走るクルマの『振動』で発電 首都高五色桜大橋のイルミネーションを実施! -世界初の試み!首都高が生むエネルギー- - 首都高速道路株式会社 .(2007年12月10日)、2017年2月26日閲覧。
  15. ^ 荒川将来像計画2010 地区別計画 (PDF)”. 国土交通省 関東地方整備局 (1996年). 2018年4月14日閲覧。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯35度45分55秒 東経139度45分37秒 / 北緯35.76528度 東経139.76028度 / 35.76528; 139.76028