二橋潤一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

二橋 潤一(にはし じゅんいち、1950年 - )は日本作曲家

経歴[編集]

静岡県出身。東京芸術大学池内友次郎宍戸睦郎矢代秋雄作曲を学んだ。さらにフランスに留学してパリ国立高等音楽・舞踊学校オリヴィエ・メシアンに師事した。帰国後は洗足学園大学桐朋学園大学に講師として勤めた。その後北海道教育大学釧路校助教授を経て、2009年に北海道教育大学岩見沢校教授に就任した[1]

主要作品[編集]

オペラ[編集]

  • 三郎信康

管弦楽曲[編集]

  • ギター協奏曲

吹奏楽曲[編集]

  • 神楽舞

マンドリンオーケストラ[編集]

  • 組曲
  • 神聖舞踏
  • カヴァティーナとロンドカプリチオーソ
  • ディヴェルティメント
  • 河の情景
  • 妖精組曲
  • 北の大地にて
  • ロココ組曲
  • オーロラ組曲
  • シンフォニエッタ
  • 子供たちのためのレクイエム
  • マンドリン協奏曲
  • プレクトル・シンフォニー

ギターオーケストラ[編集]

  • 海の章

室内楽曲[編集]

  • ホルンとピアノのためのスケルツォ
  • ギター四重奏のための「残像」
  • マンドリン四重奏曲
  • ヴァイオリンとギターのための七つの肖像
  • ギターとピアノのための湿原幻想組曲

ピアノ独奏曲[編集]

  • バッハの様式によるプレリュードとフーガ

ギター独奏曲[編集]

  • 12人の作曲家の様式による小品
  • 5つのノスタルジー

脚注[編集]

  1. ^ 北海道教育大学研究者総覧