久米愛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Kume Ai.JPG

久米 愛(くめ あい 1911年(明治44年)7月7日1976年(昭和51年)7月14日)は、日本初の女性弁護士の一人。日本の女性運動において指導的な役割を果した。

略歴[編集]

1911年、大阪府にて出生。夕陽丘高等女学校、津田英学塾(現・津田塾大学)を経て、明治大学女子部に入学。

1938年に高等文官試験司法科試験に合格し、中田正子三淵嘉子と共に日本初の女性弁護士となる。

1946年、明治大学短期大学教授に就任。1969年まで務める。

1950年、日本婦人法律家協会(現・日本女性法律家協会)を設立、会長に就任。以後26年間会長職を務める。

1959年以降、政府代表として度々国連総会に出席。婦選会館理事を務めるなど、市川房枝らとともに女性運動をリードした。

1976年、死去。65歳。

参考文献[編集]

  • 佐賀千恵美『華やぐ女たち―女性法曹のあけぼの』早稲田経営出版、1991年