久保田康耶

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
久保田康耶
生誕 1928年12月3日[1]
三重県伊勢市[1]
死没 2010年11月14日[2]
東京都文京区[2]
研究分野 歯科麻酔学障害者歯科学
研究機関 東京医科歯科大学
出身校 東京医科歯科大学
博士課程
指導学生
染矢源治[3]
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

久保田 康耶(くぼた やすや、1928年12月3日 - 2010年11月14日)は日本歯学者医師歯科医師東京医科歯科大学歯学部歯科麻酔学講座教授。国際歯科麻酔学連合初代会長[4]。元日本歯科麻酔学会理事長[5]。日本で最初の歯科麻酔学の教授[5]

歯科麻酔障害者歯科の普及に努め、歯科麻酔学の父とよばれることもあり[6]、1979年に立ち上げた沖縄県重度心身障害者全身麻酔下歯科治療事業は2010年現在も継続されている[1][5]

経歴[編集]

1950年に東京医学歯学専門学校医学科を、1957年東京医科歯科大学歯学部を卒業、同大学院、歯学部助手、講師、助教授を経て1967年東京医科歯科大学歯学部歯科麻酔学講座教授に就任、1994年より名誉教授[1]

1961年に東京医科歯科大学より歯学博士号を得る。論文の題は、「顎関節侵襲の顔面骨発育に及ぼす影響に関する実験的研究」[7]

所属学会[編集]

著書[編集]

  • 『歯科麻酔学』久保田康耶 他、医歯薬出版、1971年6月。ASIN B000JA0SN0
  • 『歯科麻酔学』久保田康耶 他、医歯薬出版、1980年1月、第3版。
  • 久保田康耶『患者さんの痛みがとれますか』クインテッセンス出版、1986年1月。ISBN 978-4874172025
  • 『歯科麻酔学』久保田康耶 他、医歯薬出版、1989年3月、第4版。
  • 久保田康耶 他『顎関節症の臨床』藍稔岡達医歯薬出版歯界展望 別冊〉、1989年6月。
  • 久保田康耶 他『顎関節症 治療のポイント50』岡達藍稔医歯薬出版歯界展望 別冊〉、1990年8月。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m 酒井信明「久保田康耶先生を偲んで」『障害者歯科』第32巻第1号、日本障害者歯科学会東京都豊島区、2011年2月、 巻頭、 ISSN 0913-1663
  2. ^ a b “久保田康耶氏死去 東京医科歯科大名誉教授”. 47NEWS (東京都港区: 全国新聞ネット). http://www.47news.jp/CN/201011/CN2010111601000372.html 2011年3月19日閲覧。 
  3. ^ 痛みなく安全で、快適な歯科医療を求めて (PDF)”. 歯学部ニュース平成21年度第2号. 新潟大学歯学部. 2011年3月19日閲覧。
  4. ^ a b 沿革”. 日本歯科麻酔学会. 2016年6月30日閲覧。
  5. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r 嶋田昌彦「追悼 久保田康耶先生のご遺徳をしのんで」『日本歯科麻酔学会雑誌』第39巻第1号、日本歯科麻酔学会東京都豊島区、2011年1月、 93頁、 ISSN 0386-5835
  6. ^ 安田登「追悼座談会 歯科麻酔学の父 久保田康耶氏の成し遂げたこと」『アポロニア21』第206号、日本歯科新聞社東京都千代田区、2011年1月。
  7. ^ 博士論文書誌データベース
  8. ^ 役員一覧”. 日本歯科医学教育学会. 2011年3月19日閲覧。
  9. ^ 名誉会員”. 日本口腔科学会. 2011年3月19日閲覧。
  10. ^ 名誉会員”. 日本口腔科学会. 2011年3月19日閲覧。