国際歯科連盟

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

国際歯科連盟(こくさいしかれんめい、フランス語Fédération dentaire internationale、FDI)はスイスジュネーヴに本部を持つ歯科医師会組織の連盟、非政府組織1900年フランス歯科医師Charles Godonによりパリに設立された。130以上の国、地域から190以上の組織が参加しており[1]、これらの組織は少なくとも合計百万人の歯科医師を代表している。

FDIの主目標の一つは全世界の歯科医師の情報交換の促進である。これを達成するため、FDIはInternational Dental Journal、Community Dental Health and Developing Dentistryなど多くの学術誌の刊行や、World Dental Congressを毎年世界各地で開催するなどの活動を行なっている。

World Dental Congress

FDIはWHO国際連合により公式に認められた団体で、国際看護師協会世界医師会国際薬剤師・薬学連合とともにWorld Health Profession Allianceに参加している。

FDIは現在、計画に関心をもつ各国歯科医師会とともにユニリーバの財政支援のものと、LLLプログラム(Live.Learn.Laugh.)として36カ国で40の計画[1]を行っている。

脚注[編集]

  1. ^ a b Raby Beaglehole, Habib Benzian,Joe Crail, Judith Mackay 「第6章 歯科に働く人々とその組織 29 FDI国際歯科連盟」『オーラルヘルスアトラス-世界の口腔健康関連地図-』 FDI、監訳 神原正樹井上孝日本歯科医師会国際学術交流委員会訳、口腔保健協会東京都豊島区2011年1月28日(原著2009年)、第1版第1刷、78-79頁。ISBN 978-4-89605-270-1

関連項目[編集]

外部リンク[編集]