中野新太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
中野 新太郎
Shintaro nakao DSC 0094.JPG
基本情報
出生名 中野 繁則 なかの しげのり(本名)
別名 中野 しげのり なかの しげのり(旧芸名)
生誕 (1981-10-26) 1981年10月26日(37歳)
出身地 日本の旗 日本群馬県甘楽郡甘楽町
学歴 群馬県立富岡高等学校卒業
ジャンル シャンソン歌謡曲
職業 歌手
担当楽器
活動期間 2002年 - 現在
レーベル ビクターエンタテインメント徳間ジャパンコミュニケーションズ
事務所 officeナカノ

中野 新太郎なかの しんたろう1981年10月26日 - )は、日本歌手群馬県甘楽郡甘楽町出身。本名:中野繁則、。甘楽町立第三中学校を経て群馬県立富岡高等学校定時制卒業。愛称はシンちゃん。自らの個人事務所である、officeナカノ所属。

2005年までは本名の中野 しげのり名義で活動していた。妹2人のいる3人兄弟の長男。

経歴[編集]

群馬県 甘楽郡 甘楽町 大字秋畑 字那須の農家に生まれ、幼少期より曾祖母、祖父母の影響で淡谷のり子二葉あき子などの歌を聞きながら育つ。6歳より、ピアノ教室に通い、ピアノと声楽を習う。 高崎経済大学附属高等学校音楽系を中退後、群馬県立富岡高等学校定時制に再入学。社交ダンス教室などにも通っている。 その頃エディット・ピアフ美輪明宏などに影響を受ける。 16歳になると、地元のバーやスナックで歌うようになる。

アコーディオンの弾き語りもそのころ始める

歌謡曲歌手 中野しげのり~中野新太郎[編集]

16歳の頃から、地元のバーやスナックでシャンソンや、古い歌謡曲を歌うということで話題になり、群馬県内の音楽事務所に所属し、2002年20歳のとき「哀愁のワイングラス」でデビュー。ボランティアにも力を入れ、2004年には、ボランティア施設100箇所達成記念コンサート(前橋市民文化会館大ホール)を行う。 2005年に出身地の甘楽町を歌った「甘楽の夜」を発表(甘楽町観光協会及び、甘楽富岡農協の協賛)同時に芸名を、中野新太郎と改める。 2007年に独立し自らの個人事務所officeナカノの所属となる

シャンソン歌手 中野新太郎」[編集]

2004年オリジナルシャンソン「ピエロの絵」を発表。2007年独立後から、ステージ構成を、歌謡曲シャンソンというスタイルにする。2007年に上京。同時に、シャンソン歌手として、四谷のミュージックバーの専属歌手となり、その後2年間出演。

2010年10月には、恋のロシアン・キャフェ、ミロール、群衆、愛の讃歌などのカヴァー曲と、オリジナル曲を歌ったアルバム「あなたへ~pour vous~」を発売予定

シングル[編集]

  1. 哀愁のワイングラス/春待草(2002年)
  2. ピエロの絵/恋のゆくえ(2004年)
  3. 甘楽の夜/さだめ雪(2005年7月)
  4. ふたりの赤坂(デュエット)(2009年12月)

歌謡曲カヴァーアルバム[編集]

  1. 哀愁懐曲(2003年)

哀愁のワイングラス 東京ブギウギ 蘇州夜曲 湖畔の宿 雨のブルース 夜のプラットホーム さとうきび畑 など…

シャンソンカヴァーアルバム[編集]

  1. あなたへ~pour vous~(2010年10月予定)

恋のロシアン・キャフェ ミロール 群衆 毛皮のマリー 愛の讃歌 ピエロの絵 恋のゆくえ 下駄 ちいさなあなたへ 年老いた日に

ブログ[編集]

外部リンク[編集]