湖畔の宿 (曲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
湖畔の宿
高峰三枝子楽曲
リリース 1940年(昭和15年)
レーベル 日本コロムビア
作詞者 佐藤惣之助
作曲者 服部良一

湖畔の宿」(こはんのやど)は1940年昭和15年)に高峰三枝子(1918 - 1990)が唄いヒットした歌謡曲[1]。詩人佐藤惣之助(1890 - 1942)が作詞、服部良一(1907 - 1993)が作曲を手がけた。

概要[編集]

歌詞は「山のさびしい湖に一人来たのも悲しい心(中略)書いてまた消す湖畔の便り(歌詞の一部を抜粋[1])」などと唄い、曲中で高峰三枝子のモノローグが挿入される。曲はヒットしたが、感傷的な曲調と詞の内容が日中戦争戦時下の時勢に適さないとして、まもなく発売禁止となった。しかし前線の兵士には人気があり、慰問でも多くのリクエストがあったという[2]

当時、30万枚近いレコードが製造された[3]

曲の舞台[編集]

歌詞の中では、「湖」がどこであるのかは具体的な言及はない。当時から曲の舞台についてはさまざまな憶測がなされ、諏訪湖長野県)、浜名湖静岡県)、山中湖山梨県)などが候補とされてきた。歌い手の高峰は芦ノ湖神奈川県)をイメージしていた[1]

作詞者の佐藤惣之助は、群馬県前橋市出身の萩原朔太郎と交流があり、朔太郎の妹と再婚していた[4]。1934年(昭和9年)には群馬県を代表する赤城山をモチーフにした「赤城の子守唄」を大ヒットさせている[5]。惣之助によると、「湖畔の宿」は榛名湖をモチーフにして作詞したものであった。当時の榛名湖はまだ山奥の人里離れた湖で、湖畔には一軒宿の「湖畔亭」があるのみだった。惣之助は1942年に没する直前に、「湖畔亭」の仲居にあてて手紙を送り、その中で「『湖畔の宿』」榛名湖のこと(中略)宿は湖畔亭にしておこう。」と記し、榛名湖をイメージして作曲したことを明かしていた[2][1]

しかし、この手紙が発見されて経緯が公表されたのは1988年(昭和63年)になってからだった。榛名湖の地元では、「湖畔の宿」を観光客誘致に活かそうと、湖畔に「湖畔の宿記念公園」を整備した。ここには近づくと自動的に曲が流れる歌碑や、ハンドルを引くと曲が流れるフェンスなどが設けられている[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 『なるほど榛名学』p155-157「佐藤惣之助―湖畔の宿」
  2. ^ a b 榛名湖湖畔亭HP,湖畔の宿 平成元年1月28日 夕刊フジより,2017年8月16日閲覧。
  3. ^ CD『決定盤 昭和の大ヒット大全集(上)』(日本コロムビア COCP-33813〜5)付属ブックレットより
  4. ^ 萩原朔太郎の父は榛名湖に近接する伊香保温泉で働いていたことがあり、朔太郎も毎年のように伊香保温泉に逗留していた。
  5. ^ 『群馬県百科事典』p407「佐藤惣之助」

参考文献[編集]