中浦純吉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
中浦純吉
時代 戦国時代
生誕 不明
死没 永禄12年(1569年
別名 通称:甚五郎
官位 兵部少輔
主君 大村純忠
氏族 中浦氏
兄弟 小佐々純俊[1]純吉、次郎左衛門[2]
小佐々甚五(中浦ジュリアン

中浦 純吉(なかうら すみよし)は、戦国時代武将キリシタン大村氏の家臣。肥前国中浦城主。

略歴[編集]

中浦氏小佐々水軍の一族。

永禄12年(1569年)、宮村合戦(久津峠の戦い)で、主君・大村純忠を守り戦死する。

また、永禄6年(1563年)に受洗しており熱心なキリシタンだったという。

脚注[編集]

  1. ^ 多比良城主。
  2. ^ 松島城主。