中村祐七

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

中村 祐七(なかむら ゆうしち、1845年5月20日弘化2年4月15日[1] - 1915年大正4年)6月10日[2])は、日本実業家。中村組合資会社業務執行社員[1][3]。姫路水力電気相談役[1]。族籍は兵庫県平民[1][3]

人物[編集]

石見国邑智郡口羽村(現島根県邑智郡邑南町)の人である[2]。島根県平民・中村彌三八の二男[1][3]1874年姫路に来て陸軍用達となる[2]1882年分家して一家を創立する[1][3]1887年、加東郡青野ヶ原を開いて軍馬養成所に充て1891年、伯耆大山を開く[2]。始終力を軍用に尽くす[2]。1915年6月10日、死去[2]。年71[2]。住所は姫路龍野町[1][3]

家族・親族[編集]

中村家

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j 『人事興信録 第4版』な42頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2020年1月5日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g 『姫路市史 市制施行三十年記念』267頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2020年1月5日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m n 『人事興信録 第3版』な77頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2020年9月30日閲覧。

参考文献[編集]

  • 人事興信所編『人事興信録 第3版』人事興信所、1903 - 1911年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第4版』人事興信所、1915年。
  • 播磨史談会編『姫路市史 市制施行三十年記念』姫路市、1919年。