牛尾梅吉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

牛尾 梅吉(うしお うめきち、1864年12月17日元治元年11月19日[1] - 1934年昭和9年)5月4日)は、日本政治家姫路市会議員、相場師、実業家、兵庫県多額納税者[2][3]資産家[4]姫路商工会議所会頭[5]。姫路水力電気[5]、姫路信託各社長。姫路銀行頭取[2]。牛尾合資会社代表社員[注 1]。山陽商事代表取締役[2][注 2]。族籍は兵庫県平民[9][10]。神戸銀行副頭取、中国合同電気社長牛尾健治の父。ウシオ工業社長牛尾吉朗ウシオ電機会長牛尾治朗の祖父。

経歴[編集]

播磨国姫路(現・兵庫県姫路市)に生まれた[11]。牛尾政五郎の二男[2][10]。牛尾政次郎の弟[10]1882年、兄・政次郎方より分かれて一家を創立した[2]分家の二男だった梅吉は自分で生計をたてる必要があった[12]呉服行商から始めた[12]

27歳の頃には反物を商っていた[11]1892年1893年頃から1897年頃まで太物商売に力行して多少の財を積んだ[11]。しかし「これでは産を為すに足らぬ」と市場仲買商売に目をつけた[11]姫路米穀取引所仲買人となった[13]。仲介業を営んだ[2]。30歳にして姫路市場に開店した[11]。次第に姫路の財界に頭角を現し関係事業が多くなった[11]1912年以来1922年まで市会議員を務めた[11]

1913年、大阪・堂島に進出し、相場師石井定七との大勝負で勇名を馳せた[14]1917年、姫路水力電気社長、のち中国合同電気副社長[15]1927年、姫路商業銀行頭取に就任[15]。姫路瓦斯、日本フエルト帽体、姫路莫大小、羽東川電気、中国合同電気、新見電気、鳥取電燈、播丹鉄道各取締役、姫路電気化学工業[10]、大阪堂島米穀取引所監査役なども務めた[2]

人物[編集]

相場師[編集]

大阪に出て大阪株式取引所と堂島の米穀取引所で相場を張った[12]。梅吉の相場のやり方はそろばん本位で、堅実を旨とした[14]。敵方の無理な買い占めや売り崩しに向かって、理詰めの戦略でたたきつぶすのを身上とした[14]。梅吉は堂島取引所の重役に就いた時、新聞記者に「投機社会で財をなすのは容易です。そろばん本位でやるなら間違いない。新聞記者などしているより、財を作るにはいい商売ですよ」と語っている[11][14]

人柄[編集]

幼い頃から商業に多大の趣味を抱いていた[1]。姫路実業界の牛耳を執り、同市の繁栄に多大の功労があり、重んぜられた[1]

資産家であった。『時事新報社第三回調査全国五拾万円以上資産家』(1916年3月 - 1916年10月)によれば「財産見積額・70万円、財産種別・土地、家屋、有価証券、貸金」である。『大正人名辞典』によれば「資産約100万円を算するに至る」という[1]

家族・親族[編集]

牛尾家

兵庫県飾磨郡豊沢村[16]、姫路市西紺屋町[9][10]

  • 父・政五郎[2]
  • 母・みな(兵庫、三木太平の長女、絶家三木氏を再興)[2]
1830年文政13年)生 - 没
  • 兄・政次郎(兵庫平民)[9]
  • 妻・きぬゑ(兵庫平民、望月有寧の三女)[9]
1875年明治8年)生 - 没
1898年(明治31年)生 - 1958年昭和33年)没
  • 同妻・みつ(兵庫、中村彌之祐の養妹)[2]
1902年(明治35年)生 - 没
1929年(昭和4年)生 -
1931年(昭和6年)生 -
  • 二男・(兵庫、三木みなの養子となる)[10][17]
1907年(明治40年)生 - 没
野村銀行員である[17]
  • 三男・[5]
1910年(明治43年)生 - 没
  • 養子・ハナ京都平民、伊藤洞月の長女、乾利一の妻)[5]
1895年(明治28年)生 - 没
親戚

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 牛尾合資会社(1923年設立)の主な業務は、開墾農業植林業[6]。株式公債の引受売買[7]
  2. ^ 山陽商事株式会社(1913年設立)の主な業務は、金銭貸付業[8]

出典[編集]

  1. ^ a b c d 『大正人名辞典』1298頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2018年6月6日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i j 『人事興信録 第9版』ウ47-48頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2016年2月11日閲覧。
  3. ^ 『日本紳士録 第37版附録 多額納税者名簿』附録 全国多額納税者 兵庫県15頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2018年11月11日閲覧。
  4. ^ 『全国五十万円以上資産家表 時事新報社第三回調査』9頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2018年5月28日閲覧。
  5. ^ a b c d 『人事興信録 第8版』ウ41頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2016年2月11日閲覧。
  6. ^ 『兵庫県会社一覧 昭和15年12月末日現在』100頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2016年2月21日閲覧。
  7. ^ 『統計年報 昭和2年』72頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2016年2月21日閲覧。
  8. ^ 『兵庫県会社一覧 昭和15年12月末日現在』106頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2016年2月21日閲覧。
  9. ^ a b c d e f g 『人事興信録 第4版』ウ42頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2016年2月11日閲覧。
  10. ^ a b c d e f g h 『人事興信録 第5版』う52頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2018年11月11日閲覧。
  11. ^ a b c d e f g h 『黄金の渦巻へ』224-228頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2016年2月11日閲覧。
  12. ^ a b c 『わたしの足跡 関西経済人列伝』154-155頁。
  13. ^ 『関西実業名鑑 明治40年』46頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2016年2月21日閲覧。
  14. ^ a b c d 『日本相場師列伝』246-249頁。
  15. ^ a b 牛尾梅吉とはコトバンク。2016年2月11日閲覧。
  16. ^ a b 『人事興信録 第15版 上』ウ13頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2017年12月11日閲覧。
  17. ^ a b 『人事興信録 第10版 下』ミ14頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2017年8月8日閲覧。

参考文献[編集]

  • 橋本治策編『関西実業名鑑 明治40年』関西実業名鑑編纂所、1908年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第4版』人事興信所、1915年。
  • 『全国五十万円以上資産家表 時事新報社第三回調査』時事新報社、1916年。
  • 東洋新報社編『大正人名辞典』東洋新報社、1917年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第5版』人事興信所、1918年。
  • 岡村周量著『黄金の渦巻へ』蒼天書房、1924年。
  • 『統計年報 昭和2年』姫路商工会議所、1928年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第8版』人事興信所、1928年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第9版』人事興信所、1931年。
  • 交詢社編『日本紳士録 第37版附録 多額納税者名簿』交詢社、1933年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第10版 下』人事興信所、1934年。
  • 兵庫県総務部調査課編『兵庫県会社一覧 昭和15年12月末日現在』兵庫県総務部調査課、1941年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第15版 上』人事興信所、1948年。
  • 鍋島高明『日本相場師列伝』日本経済新聞社、2006年。
  • 産経新聞大阪経済部『わたしの足跡 関西経済人列伝』産経新聞出版、2007年。