中山正

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

中山 正(なかやま ただし、1912年7月26日 - 1964年6月5日[1])は、日本数学者環論表現論)。

中山 正
人物情報
生誕 (1912-07-26) 1912年7月26日
日本の旗 日本 東京
死没 (1964-06-05) 1964年6月5日(51歳没)
出身校 東京帝国大学
学問
研究分野 環論
表現論
研究機関 プリンストン高等数学研究所
名古屋大学
学位 博士
主な業績 中山の補題 (代数学)
影響を
受けた人物
ブラウアー
ワイル
主な受賞歴 日本学士院賞
テンプレートを表示

略歴[編集]

東京生まれ[1]。1935年、東京帝国大学を卒業[1]。1937年から2年間、プリンストン高等数学研究所に滞在。1941年、大阪帝国大学より博士号を取得[2]。1944年、名古屋大学教授。1954年に日本学士院賞を受賞[3] [4] [5]。代数学における中山の補題で有名。1964年に結核のため死去。

受賞歴[編集]

  • 1954年第44回日本学士院賞(昭和29年) - 「環論及び表現論に関する研究」に対して[6]

主な著作[編集]

学位論文[編集]

  • 博士号(理学) 中山正『On frobeniusean algebras』大阪帝国大学、1941年。 [報告番号不明]

書籍[編集]

  • 『局所類体論』、岩波書店〈岩波講座数学9 別項〉、1935年。NCID BN14766638
  • 『束の代数的理論』、岩波書店〈現代数学叢書 束論; I〉、1944年。NCID BN1058006X
  • 『代数系と微分 : 代数学よりの二三の話題』、河出書房〈数学集書4〉、1948年。NCID BN04295422
  • 『集合・位相・代数系』改版、至文堂、1965年。NCID BN13519043

共著[編集]

参考文献[編集]

脚注[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c “Obituary: Tadasi Nakayama”, Nagoya Math. J. 27: i–vii, (1966), MR0191789, Zbl 0139.00412, https://projecteuclid.org/euclid.nmj/1118801606  (巻頭に肖像写真あり)
  2. ^ CiNii 博士論文 - On frobeniusean algebras”. 2017年8月17日閲覧。
  3. ^ 恩賜賞日本学士院賞日本学士院エジンバラ公賞授賞一覧”. 2017年8月17日閲覧。
  4. ^ 新聞集成昭和編年史 1999, p. 577.
  5. ^ 事典日本の科学者 2014, p. 577.
  6. ^ 服部 1963, pp. 61–63.

外部リンク[編集]