中室幹雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
中室 幹雄
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 岡山県
生年月日 (1950-01-10) 1950年1月10日(69歳)
身長
体重
178 cm
75 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 外野手
プロ入り 1967年 ドラフト13位
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

中室 幹雄(なかむろ みきお、1950年1月10日 - )は、岡山県出身の元プロ野球外野手。右投右打。背番号67

来歴・人物[編集]

津山商業高校では、1966年秋季中国大会で準決勝に進出。尾道商のエース大田垣耕造に抑えられ惜敗するが、翌1967年春の選抜出場を決める。しかしその後の学内不祥事で出場辞退。同年夏は東中国大会準決勝で米子工に敗退。同年ドラフト13位で巨人に入団。担当スカウトは木戸美摸

俊足、巧打、長打力のある外野手として期待されたが、選手層の厚い中、二軍でも殆ど出場機会が無く、1969年限りで現役引退。

退団後は電気店の経営者養成専門学校に入学。その後家業の家庭電気店を継ぐ。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

  • 一軍公式戦出場なし

背番号[編集]

  • 67 (1968年 - 1969年)

出典[編集]

  • 『江川になれなかった男たち-ドラフト外伝』・三一書房・岡邦行1983年、59~73ページ

関連項目[編集]