中央 (甲府市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
日本 > 山梨県 > 甲府市 > 中央
中央
—  町丁  —
甲府八日町通り
中央の位置(山梨県内)
Red pog.svg
中央
中央の位置
座標: 北緯35度39分38.89秒 東経138度34分20.77秒 / 北緯35.6608028度 東経138.5724361度 / 35.6608028; 138.5724361
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Yamanashi Prefecture.svg 山梨県
市町村 Flag of Kofu, Yamanashi.svg 甲府市
地区 富士川・春日地区
人口 (2018年(平成30年)8月31日現在)[1]
 - 計 3,052人
等時帯 日本標準時 (UTC+9)
郵便番号 400-0032[2]
市外局番 055 (甲府MA)[3]
ナンバープレート 山梨
※座標はNTT甲府支店西交差点付近

中央(ちゅうおう)は山梨県甲府市地名。現行行政町名は中央一丁目から中央五丁目。住居表示実施済み区域。郵便番号は400-0032[2]

概要と歴史的景観[編集]

甲府市の中心街である丸の内地区の南東側に位置している。東西に跨って城東通り(旧甲州街道)が通っており、通りの北側に二丁目と三丁目、南側に一丁目、四丁目、五丁目となっている。

特に一丁目は丸の内一丁目と同様に甲府市の中枢的存在であり、日本銀行甲府支店をはじめ甲府地方裁判所甲府警察署などが連なり、また、「かすがもーる」や「甲府銀座通り」などいくつもの商店街が存在する。かつては山梨県内最初の百貨店である「松林軒デパート」(のちの甲府会館)が存在したが老朽化により取り壊され、現在はビジネスホテルとなっている。

江戸時代には錦町にあたる一丁目や堅近習町にあたる二丁目は甲府城ニノ堀郭内の武家地で追手門前にあたり、甲府藩主柳沢家臣武家屋敷や江戸後期には甲府勤番追手役宅や薬園、学問所である徽典館などの施設も所在していた。一丁目にあたる横近習町の浄土宗寺院・歓喜院には寛文初年頃に時の鐘が設置されたと考えられており、宝永5年(1708年)に愛宕町へ移転されるまで時報や変事の報知を行っていた[4]

ニの堀郭外の二丁目から五丁目にあたる魚町や柳町、八日町などは甲府城下町における政治的・経済的中心地であった。特に八日町には高札場甲府町年寄坂田家の屋敷などが存在し「府中一のよき所」『裏見寒話』と呼ばれ、『甲府買物独案内』では「甲府繁盛之図」として八日町の賑わいが描かれている。また、南側の緑町(甲府市若松町)には芝居小屋である亀屋座が存在した。江戸後期には甲府城下で大通りを幕絵で飾る甲府道祖神祭礼が成立し、甲州街道沿いの八日町では歌川芳虎「和漢名将伝」の幕絵などが飾られた。

魚町は中央二丁目から五丁目にかけて存在した[5]。魚町は南北通り(魚町通り)沿いの町人地で、魚介類乾物を扱う商人が集住したことに由来する[6]。『諸国道中商人鑑』によれば、煙草問屋の村田屋善十郎や水菓子問屋の上総屋長右衛門、薬種屋の早川元七らの豪商が店を構えた[7]。甲州街道沿いの八日町や魚町、劇場の存在した緑町などは料理屋が多いことでも知られる。

江戸時代後期の甲斐国には、中道往還富士川舟運を通じて駿河・相模方面からの海産物が多く移入されていた。魚町二丁目には1892年(明治25年)に甲府魚市場が開設し、戦後の1973年(昭和48年)に甲府市国母に甲府中央卸売市場が開設されるまで甲府近郊における海産物流通の中心地であった[8]

江戸時代には中央二丁目の境町に甲府城下町におけるが存在しており、『甲斐国志』によれば牢番は三井氏・藤曲氏の両氏が代々務めていたという。

近代には甲府城の旧郭内や武家屋敷にあたる西側の丸の内地域が新市街として開発され、市域の中心も西側へ移る。

歴史[編集]

横近習大神宮
  • 1875年、山梨県内初の警察署(出張所)が柳町(現在の二丁目)に設置。甲府市警察を経て現在の甲府警察署。
  • 1889年甲府市役所初代庁舎が柳町に建設される。
  • 1915年、甲府市役所が相生町(現在の一丁目)に移転。
  • 1937年、松林軒デパート開業。
  • 1945年甲府空襲により松林軒デパートと岡島百貨店を除き焼け野原となる。焼失された甲府市役所は丸の内に移転。
  • 1964年、住居表示の実施により、それまでの柳町や相生町などが統合され現地名に変更。
  • 1998年、四丁目が再開発され、それに伴い甲府ワシントンホテルプラザが開業。
  • 2005年、甲府会館解体。

世帯数と人口[編集]

2018年(平成30年)8月31日現在の世帯数と人口は以下の通りである[1]

丁目 世帯数 人口
中央1丁目 240世帯 424人
中央2丁目 385世帯 693人
中央3丁目 311世帯 543人
中央4丁目 445世帯 772人
中央5丁目 349世帯 620人
1,730世帯 3,052人

小・中学校の学区[編集]

市立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる[9][10]

丁目 番・番地等 小学校 中学校
中央1丁目 全域 甲府市立舞鶴小学校 甲府市立西中学校
中央2丁目 全域 甲府市立善誘館小学校 甲府市立北東中学校
中央3丁目 全域 甲府市立東中学校
中央4丁目 1~3番
5番
4番
6~12番
甲府市立舞鶴小学校 甲府市立西中学校
中央5丁目 8番
1~7番 甲府市立善誘館小学校 甲府市立東中学校

施設·建物[編集]

一丁目[編集]

その他[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 住民基本台帳人口・世帯数 - 平成30年 町丁別人口・世帯数(各月末日現在)”. 甲府市 (2018年9月4日). 2018年9月24日閲覧。
  2. ^ a b 郵便番号”. 日本郵便. 2018年9月24日閲覧。
  3. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2018年9月24日閲覧。
  4. ^ 『山梨県の地名』、p.323
  5. ^ 『山梨県の地名』、p.325
  6. ^ 『山梨県の地名』、p.325
  7. ^ 『山梨県の地名』、p.325
  8. ^ 『甲州食べもの紀行-山国の豊かな食文化-』、p.26
  9. ^ 甲府市立小学校通学区域一覧(住所から)”. 甲府市 (2017年4月1日). 2018年9月24日閲覧。
  10. ^ 甲府市立中学校通学区域一覧(住所から)”. 甲府市 (2017年4月1日). 2018年9月24日閲覧。

関連項目[編集]