下関市立長府博物館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Japanese Map symbol (Museum) w.svg 下関市立歴史博物館
Shimonoseki City Museum of History
141122 Chofu Museum Shimonoseki Yamaguchi pref Japan01s3.jpg
下関市立長府博物館の位置(山口県内)
下関市立長府博物館
山口県内の位置
施設情報
正式名称 下関市立歴史博物館[1]
前身 長府尊攘堂[2]

財団法人長府博物館

下関市立長府博物館[1][3]
収蔵作品数 23,482点[1]
事業主体 下関市
管理運営 下関市教育委員会
延床面積 約1,500m²[1]
開館 2016年(平成28年)11月18日[1]
所在地 752-0979
山口県下関市長府川端2丁目
位置 北緯33度59分45.3秒 東経130度59分2.5秒 / 北緯33.995917度 東経130.984028度 / 33.995917; 130.984028座標: 北緯33度59分45.3秒 東経130度59分2.5秒 / 北緯33.995917度 東経130.984028度 / 33.995917; 130.984028
アクセス JR下関駅からサンデン交通バスで23分「城下町長府」下車、徒歩10分
外部リンク http://www.shimohaku.jp/
プロジェクト:GLAM
テンプレートを表示
万骨塔

下関市立歴史博物館(しものせきしりつれきしはくぶつかん)は、山口県下関市にある市立博物館である。

沿革[編集]

長府藩報國隊士であった桂弥一が1933年(昭和8年)10月に長府尊攘堂を設立し博物館の礎を置く[2]第二次世界大戦後、財団法人長府博物館に改称し、1980年(昭和55年)4月1日をもって下関市に移管されたことを機に、施設名を下関市立長府博物館に変える[2] [4]

2016年(平成28年)11月18日をもって長府川端2丁目に移転し[5]下関市立歴史博物館と名称を改めて新装開館[1]、現在に至る。

内容[編集]

地域の歴史を裏付ける資料として、先史時代の土器から長府藩の林業の先人であった高島得三[6][7]や建築関連の文書[8][9]、あるいは江戸屋敷に関わる文書[10]を収める。文学については長間本『平家物語』[11]や、武家文化としての能楽[12]の研究に資する収蔵品がある。

また幕末の志士の書状や愛用品などを所蔵し、高杉晋作坂本龍馬のほか、久坂玄瑞山縣有朋明治維新前夜の下関について展示を充実させた[1]

和同開珎遺物をはじめ、旧毛利家遺品・長州藩に関する幕末の人物の貴重な資料[13]乃木希典に関する資料[14]がある。

ユネスコ世界の記憶[編集]

2017年には朝鮮通信使に関わる収蔵品がユネスコ「世界の記憶」に選定され[15][16]、平和構築の歴史を裏付ける国際的な研究に協調する[17]

利用情報[編集]

  • 開館時間 - 9時30分~17時00分(最終入館16時30分)
  • 休館日 - 月曜日(祝日の場合は開館)、祝日の翌日、12月28日~1月4日

主な出版物[編集]

  • 小田富士雄『長門下関周辺の弥生式土器 : 長府博物館蔵品整理報告書』、下関市教育委員会、1957年。 NCID BN14968825
  • 椿惣一『財団法人長府博物館要覧』、長府博物館、1963年、NCID BA61195610
  • 『日本史にきざまれたふるさと : 長府博物館市移管記念特別展』下関市立長府博物館、1980年。NCID BB22331840
  • 長府博物館友の会、長府博物館五十年史編集委員会『城下町長府の文化 : 長府博物館五十年の歩み』、長府博物館友の会、1983年。 NCID BN12572856
  • 下関市立長府博物館(編)『収蔵品図録 : 下関市立長府博物館』、下関市教育委員会、1986年。NCID BA86766358
  • 下関市立長府博物館『朝鮮通信使と下関 : 企画展』、下関市 : 下関教育委員会、2008年。NCID BA88831778
  • 『下関市立歴史博物館常設展示図録』、2016年、NCID BB23442971
  • 『下関のオランダ宿 :本陣伊藤家と佐甲家』、2017年、NCID BB23430440
  • 『龍馬がみた下関 : 坂本龍馬没後150年記念特別展』、2017年。NCID BB25221714
  • 『朝鮮通信使 : 日韓の平和構築と文化交流の歴史 : ユネスコ「世界の記憶」登録記念特別展』、2018年。NCID BB25879110
  • 『海峡の幕末維新 : 明治維新150年記念特別展』、2018年、NCID BB26727082
  • 大内氏の興亡と毛利氏の隆盛 : 海峡の戦国史第1章 : 特別展』、2018年。NCID BB27358695
  • 『下関市立歴史博物館年報』、2019年。NCID AA12861875
  • 『下関の鉄道物語 : 赤間関市誕生130年記念特別展示』、2019年。NCID BB28830526
  • 関ヶ原 : 天下分け目と毛利氏の戦い : 長府藩初代藩主毛利秀元生誕440年記念特別展』、2019年。NCID BB29199479
  • 『下関市立歴史博物館研究紀要』、2020年。NCID AA12889524

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f g “晋作・久坂、幕末維新に焦点 下関市立歴史博物館、きょうオープン”. 朝日新聞 (朝日新聞社): p. 朝刊 山口版. (2016年11月18日) 
  2. ^ a b c 長府博物館(インターネットミュージアム)(2014年12月18日閲覧)
  3. ^ 下関市立博物館の設置等に関する条例
  4. ^ 市移管記念特別展 1980.
  5. ^ 『下関市立歴史博物館のあるところ : 山口県下関市長府川端二丁目地内長門国府跡(川端地区)発掘調査報告書』下関市教育委員会〈下関市文化財調査報告書「長門国府跡 : 長門国府跡周辺遺跡群発掘調査 ; 第19次」〉、2016年。NCID BB21409330
  6. ^ 長池敏弘「高島得三の生涯とその事跡 (上)」『林業経済』第26巻第4号、一般財団法人 林業経済研究所、1973年、 26-36頁、 doi:10.19013/rinrin.26.4_26ISSN 0388-8614
  7. ^ 「高島得三の生涯とその事蹟 (下)」『林業経済』第26巻第5号、一般財団法人 林業経済研究所、1973年、 18-25頁、 doi:10.19013/rinrin.26.5_18ISSN 0388-8614
  8. ^ 佐藤正彦(612)「近世長府大工河村家の事跡と文書(歴史・意匠)」『日本建築学会研究報告. 中国・九州支部. 3, 計画系』第8号、日本建築学会、1990年3月、 333-336頁、 NAID 110007644818
  9. ^ 岡田悟「毛利藩主国廻り時の休泊に用いられた武士住宅について : 毛利藩主国廻り資料に見られる休泊施設(その4)」『日本建築学会計画系論文集』第62巻、日本建築学会、1997年、 187-194頁、 doi:10.3130/aija.62.187_1ISSN 1340-4210
  10. ^ 加藤仁美、菊岡倶也(7022)「六本木6丁目地区再開発前史 : 麻布北日ケ窪町」『学術講演梗概集. F-1, 都市計画, 建築経済・住宅問題』第2000巻、日本建築学会、2000年7月31日、 43-44頁、 ISSN 1341-4534NAID 110004498674
  11. ^ 村上光徳「赤間神宮所蔵52号文書の意味 -長間本平家物語研究の一手懸として-」『駒沢短大国文』第6巻第49号、駒澤短期大学国文研究室、1975年12月、 ISSN 0286-6684NAID 110007002219
  12. ^ 表きよし「長府藩の能楽」『能楽研究』第28巻、2003年、 1-36頁、 ISSN 0389-9616NAID 110004682112
  13. ^ 大森映子「萩藩毛利家の相続事情--養子相続と公的年齢」『湘南国際女子短期大学紀要』第9巻、湘南国際女子短期大学、2001年、 134-115頁、 ISSN 0919-8938NAID 110006184511
  14. ^ 中村幹郎「フランシスコ・フランコと乃木希典〔西文〕」『鹿児島経大論集』第25巻第2号、鹿児島国際大学、1984年7月、 ISSN 0288-0741NAID 110004672299
  15. ^ Documents on Joseon Tongsinsa/Chosen Tsushinshi: The History of Peace Building and Cultural Exchanges between Korea and Japan from the 17th to 19th Century” (英語). www.unesco.org. United Nations Educational, Scientific and Cultural Organization(ユネスコ). 2020年10月18日閲覧。
  16. ^ 登録特別展 2018.
  17. ^ 具, 智賢; 礒永和貴; 田島哲夫 (2018) (朝鮮語). 朝鮮通信使登城行列圖 : 下關市立歴史博物館 所蔵. 민속원총서. 민속원. NCID BB30762360 

関連項目[編集]

関連資料[編集]

  • 辛, 基秀『わが町に来た朝鮮通信使』、明石書店〈青丘文化叢書1〉、1993年。ISBN 4750304913
  • 辛, 基秀『朝鮮通信使の旅日記 : ソウルから江戸--「誠信の道」を訪ねて』、PHP研究所〈PHP新書228〉、2002年、ISBN 4569625711
  • 和田清美、魯, ゼウォン『海峡都市・下関市の生活世界 : 交流・連携, 在日コリアン, まちづくり』、学文社、2020年、ISBN 9784762029882
  • 植野弘子、上水流久彦(編)「国際交流事業における在日コリアンの参与—対馬と下関の朝鮮通信使再現行列を中心に」『人の移動』、風響社、2020年、ISBN 9784894892736。別題『帝国日本における越境・断絶・残像』。

外部リンク[編集]