上内彦策

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

上内 彦策(かみうち ひこさく、1890年明治23年)3月15日[1] - 没年不詳)は、朝鮮総督府官僚。実業家

経歴[編集]

大分県宇佐郡明治村(現在の宇佐市)出身[1]1915年大正4年)に高等文官試験に合格し、翌年に東京帝国大学法科大学独法科を卒業した[1]。久原鉱業に勤務したが、辞して1919年(大正8年)に朝鮮総督府試補となった[2]。道事務官専売局副事務官、同事務官、大邱府尹、忠清北道警察部長、全羅南道警察部長、警務局図書課長、内務局社会課長、京畿道警察部長、全羅北道内務部長、警務局警務課長、同保安課長、平安南道知事を歴任した[1][2]

1938年(昭和13年)に退官した後は、東洋拓殖株式会社理事、朝鮮鉱業振興株式会社監事、満州拓殖公社監事、朝鮮製鉄株式会社副社長、満州鴨緑江水力発電株式会社理事、西鮮合同電気株式会社取締役、朝鮮電力株式会社取締役、朝鮮電気冶金株式会社取締役、朝鮮有煙炭株式会社常務取締役、朝鮮鴨緑江水力発電株式会社取締役、江界水力電気株式会社取締役、朝鮮石油株式会社取締役、南鮮水力株式会社取締役、南鮮畜産株式会社取締役、朝鮮無煙炭株式会社監査役、朝鮮理研護謨工業株式会社監査役、朝鮮鉄道株式会社監査役、朝鮮送電株式会社監査役、富寧水力電気株式会社監査役、朝鮮米穀倉庫株式会社監査役などを務めた[2][3]

脚注[編集]

参考文献[編集]

  • 帝国秘密探偵社編 『大衆人事録 第14版』 帝国秘密探偵社、1943年
  • 『輓近大日本拓殖史』 日本行政学会、1934年
  • 人事興信所編 『人事興信録 第14版(上)』 人事興信所、1943年