三浦修吾

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

三浦 修吾(みうら しゅうご、1875年明治8年〉 - 1920年大正9年〉)は、日本教育者である。

福岡県浮羽郡吉井町若宮出身。

福岡師範を卒業後、東京高等師範に進学し、その英語科を卒業。鹿児島師範を経て、姫路師範に転出。鹿児島師範当時の教え子に、玉川学園を創立した小原国芳がいる。同付属小学校主事となる。姫路師範在職2年で結核に罹り、1915年大正4年)退職。療養生活の中でも執筆などの活動は継続、上京して成蹊学園の機関誌『新時代』の編集主任を務める。45歳で死去。クリスチャンであった。

『学校教師論』が名著の誉れが高い。戦前の東京府青山師範学校では、教育学教科書に使われていたという。『修身教授録』の森信三が推奨している。エドモンド・デ・アミーチスの『クオレ』を邦訳し、『愛の学校』として出したことでも知られている。

主要な著作[編集]

  • 『学校教師論』(1916年
  • 『第二里を行く人』(1919年
  • 『生命の教育』(1926年